歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

HS-1500続き59(幻のHS-1500その10)

2019/01/06
 
この記事を書いている人 - WRITER -

miniDSP 2×4 HDにI2S(アイアイエス)というステレオ3線式のデジタル出力が2系統サポートされたので、
外部DAC(ダック:デジタル・アナログ・コンバータ)が使えることになりました。
3線式デジタル伝送とか自作派でないとイミフでしょうが、
ま、個人ブログですから、自分向けの記録です。

表題画像の楕円部分がその出力端子です。

オリジナルのままでも十分な音質(DCカットの出力のCはダメダメだと思うが)なので、
外部DACが必要なのか?と言われるとこれは聴いてみないと判らない話だが、
昔作って、埃をかぶっているのがあったので、時間を作ってやってみようと思います。

このDAC用ICはフィリップスのTDA1451AS1クラウンマークというCD初期の頃の最高級パーツでした。
HS-10000で聴いていますので、悪くないと思います。
このDACのデジタル入力もI2Sですので、壊れていなければ、コネクターを作るだけで外部DACになるはずです。
ただし16bit/48kHzまでしかサポートされていません。
I/VコンバータはOPA637AP、アナログフィルターはNE5532を使ったGIC型です。
電源用ICは3端子レギュレータですが、僕はそんなに音が悪いとは思いません。

オーバサンプリングデジタルフィルターはこの下に基盤があってセット販売されていたSAA7220です。
上の基盤はAES/EBU入力を受けてI2Sに変換するOCXOを使った2段PLL回路です。
ここまでやるか?とは思いますが、昔のデジタル回路はジッタ(位相雑音)に弱かったのです。
ジッタがあるとなんとも言えないひどい音になります。
今回はこの部分はパスしますので、今のデジタル信号が十分綺麗なのかどうか興味はあります。
OCXOは11.2896MHzなのでCDの44.1kHzの256fsです。

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. と00 より:

    と00です。

    私もTDA1541Aダブルクラウンを使っていました。marants CD-99SEについていたものですが、残念ながら、minidspのDACの方がいいと思いました。日進月歩で、安物でも新しいものにはかなわないのかなーと思いました。

    ところで、TDA1541Aは確かサンプリング96kHzまでOKだったと思います。ただ、その前にあるSAなんとかは、分かりません。

    • mabo400 より:

      僕もそう思います。
      最近のDACは使う機会がないのでアレですが、進歩していて欲しいと思います。
      でもマランツのTDA1541Aの音はひどいと思いました。
      どう使えばあんな音になるのか??

  2. と00 より:

    TDA1541A、やっぱり、そう思いますか。ダブルクラウンだったのですがね。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2019 All Rights Reserved.