歯科医院長mabo400のブログ

Lo-D HS-500とHS-400

2019/07/16
 
この記事を書いている人 - WRITER -

貸し出していた1968年発売のHS-500と1976年発売のHS-400が戻ってきたのですが、置く場所がなくて困っていました。

それが今、ホールのテーブルになっていますw

共にHITACHIの傑作スピーカーで長寿命を誇っています。
50年も前の製品ですが、もちろん完動品。

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. 楽天ルシファー より:

    HS-400は凄いスピーカーですが、HS-500は魅力的なスピーカーと感じます。

    両方揃えられたら素晴らしいなと。

    • mabo400 より:

      まあ、そうですよね。おっしゃる通りだと思います。
      HS-500のTWはホーンなので、低域が稼げないの分、ウーファで稼いでいるのですが、クロスオーバー周波数を3kHzとなってセーラーハット型振動板のL-200にとっても苦しく歪みが増えるので、その辺りが聞こえます。
      その辺りを改善したのがHS-400のTW MH-35です。L-200の小型版です。十分に低域まで伸びているので、クロスオーバー周波数を1.1kHzにできています。これだとウーファの指向性の問題もクリアできますし。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2019 All Rights Reserved.