歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

WM-61Aでバイノーラル録音用マイクを作ろう!3

 
この記事を書いている人 - WRITER -

続きです。

http://mabo400dc.com/tsuredure/audio/wm-61aでバイノーラル録音用マイクを作ろう!2/

スピーカ部分の外し方ですが、この部分に小型のマイナスドライバーを差し込んでこじると外れます。

加工の過程で前回と違いのはケーブルがドリルの刃で傷つかないようにテープでマスキングしたくらいか。
最初はφ1mmの穴から順次大きくして行って、φ5mmからはリーマーで広げてマイクカプセルを現物合わせでちょうどぴったりに合わせる。



2号機は感度の左右差は気にならなかった。よかった。

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. 栗山 より:

    こんばんは。WM-61Aは良い音しますね。私がメインで使っているEARTHWORKS M23MPとの違いは、低域が多少強いのと中高音が若干しコモって聴こえる、超高域が音が少し明るく派手くらいかなという感じです。金田式の単行本にあるマイクアンプを自作してWM-61Aと組み合わせて使っていますが、安価なECMとは思えない素晴らしい音がします。三点吊りマイクではEARTHWORKSを使いますが、三点吊りマイクが無い場所では、床から1.2m位(椅子に座った際の耳の高さくらい)にWM-61Aを2本、30cm間隔でスタンド設置して録音しています。驚くほどS/Nが良く、フルオーケストラでもHS-400で聴くと、まるで演奏会場で聴いているような生々しい音が再現されます。ただし、音量を生本番と同じ位まで上げなければならないので、その音量が出せるだけの環境が必要になります(音量が小さいと冴えないボケた録音に感じると思います)。

    オーケストラ等でマイクをオフで設置する場合などは、EARTHWORKSよりWM-61Aの方が演奏会場での条件の悪さを音質上の癖が上手く補填してくれる感じで、雰囲気良く録音出来ることが結構あります。

    ヘッドホンで主に聴く場合はバイノーラル録音は面白いですね。普通にスピーカーで聴く場合は、上記のようにマイクを30cm間隔で設置して録音すると、驚くほど生々しい音場が録れます。一度、機会があれば試してみて下さい。

    • mabo400 より:

      WM-61Aは感度がよいというのかS/Nがよいというのか、ノイズが
      気になりませんね。とてもすぐれたマイクカプセルだと思います。
      定電流システムを作ったことはないので、いつかはA/Dコンバータと合わせた
      デジタル出力マイクを作ろうと計画だけはしていますw
      http://mabo400dc.com/tsuredure/post-25127/

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2019 All Rights Reserved.