歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

太陽電池8枚増設50.35

 
この記事を書いている人 - WRITER -

直列型充電コントローラも昨日のハンダカスによるショート事故以来不調で、実装すると、最初に電源を入れた時にLEDが全点灯消灯を繰り返す症状が出るのです。どこか回路がショートして、過電流が流れて、3端子?電源のACアダプター?がシャットダウンするのを繰り返している??みたいな??

リレーの代わりにダミー抵抗では症状は出ない。リレーの電磁磁石はコイルなので、誘導電圧を吸収できていないのか??

まだ調査ができていません。。面倒なので、ICを全て新品に交換してみようか。。

・・ということで、診療の合間にリレードライブ用のトランジスタアレイICを交換してサージ吸収用のダイオードをチェックしてみたが正常。

ジョンソンカウンタHC4017のSOP(ソップ)を使っていたブレッドボードでは症状が出ていなかったような気がしたので、変換基盤を使わずに、SOPをDIP(ディップ)ソケットに空中配線でSOPをDIPに変換して基盤に実装してみたが、ダメだった。。2時間もかかったのに、、w それが表題画像。

変換基盤を使うと幅が大きくなるので、DIPソケットに差し替えはできないのだ。

だから自分で作る。

自分で作ると既製品にないのもが作れる。しかもパーツ代で作れる。それは当然のことで人件費がかからないからだ。それもあって、例えば本業の歯科のサービスなら患者には市価の半額で提供できる。
ん、僕の人件費はどうなるのだろう?w そんなのばっかりだ。
というか、僕が欲しいものはお金に換算出来ないものが多いというか、
お金を出しても手に入らないものが欲しい、そんな感じ。

DIPのピンの間隔は2.54mm、SOPのそれは1.27mm、この辺りまでならハンダ付けの空中配線可能だが、さらに半分の0.65mmのSSOP(エスソップ)となると、手持ちのハンダコテでは難しい。僕の小学生の頃ならできたかもしれないがw

いろいろ試していると、入力のウインドウコンパレータを繋がないで電源を入れると症状が出ないようだ。
また、一度症状が出なくなるとコンパレータを繋いで電源を入れても症状が出ない。

問題はその辺りか? 何か立ち上がりの過渡的な問題なんだろうと思う。

理論通りに設計したつもりでも、ワケの分からない不具合は出るものだ。デジタル回路とは言え、現実は一筋縄ではいかない。

PS.今やってみたら、8回繰り返した後で正常な動作になった。明日はロジックアナライザーを繋いで観察してみるか。。頭の中だけではよく分からない。もう午前1時を回ったので休まなくては、

Good night!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2019 All Rights Reserved.