歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

歯ぎしりを改善する装置 0.06

 
この記事を書いている人 - WRITER -

Bruxismによって発生した筋電位を一定の電圧まで積分して得られた電圧で発信器を駆動する。
同時にセンサーをスティミュレータとして使う切り替えスイッチをどうするか。
問題点はそんなところだ。

タイマーIC 555系のICはその用途に使えるような気がするので、省電力、低電圧動作のCMOSタイプを注文した。3Vのリチウム電池で動くことが前提だからだ。

タイマーICは2つのモードがありマルツのサイトに詳しく解説が載っているので、引用させていただいた。痒いところに手が届く解説には頭が下がる。

それにしても555系のタイマーIC、どこかで見たことがあると思ったら、充電コントローラでも使いました。ウインドウコンパレータとRSラッチ

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2019 All Rights Reserved.