歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

今日の晩飯1

 
この記事を書いている人 - WRITER -

「和風ピーマンの肉詰めスープ」

老母がかなりボケが入ってきて、というより、なんというか、元々料理は嫌いと言い放つやつなので、自炊させておくと、栄養不良で点滴のお世話になったり、いつのか判らない冷蔵庫の余り物を食べて下痢をしたり。。
冷蔵庫の中は10年物の冷凍食品やレトルト食品で溢れていて、しかも同じものを何度も買う。いくつも溜まっているのに気がつかないふりをする。。w
仕方がないので、僕が作るというか、冷蔵庫の中身の管理をすることにした。

あるもので少量生産なのは本業でも趣味でも同じことなのだが、
どうしても作り過ぎてしまい、もったいないので、つい全部食べてしまって太るのが問題だ。

できるだけ小さな鍋、例えば行平鍋とかスキレットだけで作るように心がけているのだが、なかなか、、あ、このお肉使ってしまわねば、明日はやばいかも。。とかありますよね?

今日の材料は冷蔵庫の中から適当に集めたもの。

玉ねぎはみじん切り、りんごハーフはすりおろし、豚のミンチ、これらは岩塩、粗挽き胡椒で下味を付け、鍋であらかじめ炒めておき、粗熱を取り、ピーマンは半分にして種を取り除き、肉詰めの船にする。

卵を溶き、粗熱を取った具と混ぜ合わせ、鍋で湯がく、味はブイヨンなら洋風、黄○のだしなら和風。今日は和風にした。

スキレットには余った具を入れ、卵を落として目玉焼きのつもりが、ついでに鍋で湯剥きしたトマトを落としてしまい潰れたw

料理は嫌いではないのだが、仕事しすぎで腕の筋肉の筋膜が固着しているので、手が震えて盛り付けとかできない。どうしても見てくれが悪くなる。w

創作料理なので、名前はないが。。w

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. 楽天ルシファー より:

    先生は料理もされるのですね。いつもながら、そのオールマイティーな事に驚くのですが、手の方の具合が心配です。

    • mabo400 より:

      手の方は30代半ばにはすでにおかしくなっていて、脳内の問題かと思ってCTを撮ってみたら、硬膜下出血の痕があって、右脳が無くなっていましたw

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2019 All Rights Reserved.