HITACHI HS-10000 0.01

   

スピーカーハウスをお片づけしてみましたが、ハウスダストに弱い僕は寝込む寸前まで追い込まれました。で、アルコール全身麻酔wしてなんとか動いています。

鳴らしてみましたが、問題なく鳴っているようです。

横に置いているのはHS-5000ですが当時価格@50万円とかでした。
@18万円のHS-90Fと同じユニットでウーファだけが異なりドロンコーン仕様のバスレフになっています。ネットワークは10000番と同じで順次2分割方式という凝ったものです。音はHS-90Fと同じ音で悪くはありませんが、低音はそれなりで大音量でドロンコーンが破綻します。中高音の音質も10000番と微妙に異なります。

アンプの類はパワーアンプはYAMAHA B-I。 音質と300W@8Ωに及ぶハイパワー。これを凌ぐパワーアンプは古今東西見当たりません。これを凌ぐアンプをサンキンのSITで自作しようと部品を集めシャーシはできましたが、まだ組み上がっていませんw

プリアンプのYAMAHA C-Iは電源が入らなくなりましたのでレストア待ちです。全回路図が入手できないので手をつけていません。どなたかレストアを引き受けていただける方いらっしゃいませんか? また回路図をお持ちの方いらっしゃいませんか? 
で、アナログレコードは聴けません(自作のフォノイコライザーでよければ可)w 音量調節はB-IのフラットアンプとVRを使っていますが、回路も部品も同じにかかわらず、音質はなぜかC-Iに微妙に劣ります。

CDプレーヤーとD/AコンバーターはあのフィリップスのTDA1541AS1の4パラによる自作品です。最近のDACは聴いたことはありませんが、特に問題はないと思います。

 - オーディオ, ドクターのつれづれ。