歯科医院長mabo400のブログ

なんでこんなことになった

2020/09/09
 
この記事を書いている人 - WRITER -

http://my.shadowcity.jp/2020/09/post-19393.html

たまたまネットゲリラさんのところで、秋嶋さんの新刊が出たというので特集やってました。

この本には日本人の稼ぎのほとんど、年間100兆円程が流出しているとか、
日本が本格的に植民地化しているということが書かれているようです。

株が下がったのは民主党政権の時とかいう人がいるが、時価評価を強行して下がったところでユダ菌(総称)に献上したのは小泉・竹中の時で民主党政権は関係ないですね。
あの時は他にも株の持ち合い禁止とかにしてユダ菌(総称)が買い占めやすくしていました。

興味のある方は買ってみてください。

ーー引用ーー

――なんでこんなことになったのでしょうか?

小泉改革の時に減損会計(資産を簿価ではなく時価で評価する制度)を強行し、2万円台だった株価を7千円台まで暴落させ、底値になったところで外国のファンドや投資銀行にワーッと取得させたからですよ。当然これらの大半はアメリカ系です。それから安倍政権になって金融緩和で200兆円規模のカネを刷って彼らの株を高く買い取っている。年金だって株式運用で増えているとか言っていますが、利確してみれば途方もないマイナス収支のはずです。つまり宗主国のマニピュレーション(証券市場の操作)によって国富が奪われているわけで、これはもう完全な植民地の構造ですよ。彼らがアービトラージュ(裁定取引)(安く仕入れたモノを高値で売ること)によって莫大な利潤を獲得する一方、日本国は年金の支給ができなくなるほど貧窮しているわけですから。

――植民地とおっしゃられますが、それほど酷いのでしょうか?

15世紀から16世紀にかけて南米の植民地からヨーロッパに黄金200トン、銀1万8千トンが搬送されたのですが、現代の日本がアメリカに吸い取られる富はこの比ではないでしょう。過去6年少々の間にどれほどのカネが奪われたかを概算してみると、ODAなど対外支援金名目による損失が70兆円、(政府機関やGPIFなどの保有する)株式と為替の損失が17兆円、外貨建て債券(引取りを強制された米国債)の損失が20兆円、派遣法改正による賃金損失が180兆円。そして外資連合の租税回避は50
兆円とも60兆円とも推計されています。いずれにしろこれはスペイン統治下のアステカやインカ、オランダ統治下のインドネシア、大英帝国統治下のインドよりも酷い状態ですよ。

――これでは日本人の生産した付加価値の全てが巻き上げられているようなものです。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2020 All Rights Reserved.