歯科医院長mabo400のブログ

日本崩壊まであと〇年 殺された石井紘基議員が調べていた日本を蝕む特別会計の闇の話

2020/01/15
 
この記事を書いている人 - WRITER -

https://www.youtube.com/watch?time_continue=16&v=dpq-_e0Og4Y&feature=emb_logo

「れいわ新撰組」隊員?の東大教授安富歩さんの授業です。

日本には特別会計という日本独自の財政運営システムがあって、それは満州国のシステムを戦後日本に官僚が導入した。
それは一般会計(通常の国家予算)の数倍の規模があり、それを執行する官僚の天下り先として機能している特殊法人というものがあり、さらにその下に3,000社を越える私企業がある。その実態は完全には分かっていないが、その原資は薄く広く国民におこぼれとしてばらまかれているので、あからさまには反対する者はいない。
そのシステムは社会主義国のソ連の財政運営システムに似ていて、もう破綻の限界を越えているそうだ。
ソ連は崩壊したが、
日本もそうなるだろう。

石井紘基衆議院議員はそのシステムを調べて国会で質問する予定のその日の朝、自宅を出たところで、自称右翼に暗殺された。2002/10/25のことだ。

このシステムをいじろうとすると国会議員でさえ消されるのだ。

ま、ちょっと長いが削除されないうちに見ておいてください。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2020 All Rights Reserved.