歯科医院長mabo400のブログ

もったいない学会名誉会長石井吉徳先生ご逝去

 
この記事を書いている人 - WRITER -

葬儀は明日11/10だそうですが、コロナ禍にあっては極内輪で執り行われるそうです。

先生は石油採掘の現場で若い頃を過ごされ、地面に穴を開けるだけでゴーーという音を上げて噴出する原油、しかしいつまでも出続けるわけではない。必ず石油は実用範囲内で枯渇する、そのような時代を乗り終えるにはどうすれば良いのか?というテーマで『もったいない学会」を創設され活動されてきました。

石油が使えなくなると今現在の文明『石油文明」が崩壊してしまいますが、それが誰の目にも判るのは10年後2030年頃と言われています。それに気がついて行動を始めても間に合わない。次の世代は絶望的な撤退戦を強いられるでしょう。
でも覚悟を持って備えればできないことはない。石井先生はそれを啓蒙してこられました。それが「もったいない」精神です。

今現在、石油の実質的な枯渇問題は伏せられ、地球温暖化対策のためのCO2ゼロ達成が声高に叫ばれていますが、本当は石油が枯渇してしまうので、使いたくても使うことができないということです。残念ならが既存の技術革新の方向性では現在の生活レベルを維持することは難しい。ない袖は振れない、それだけのことだ。ただ、一番大切なことを選ぶということはできる。

先生、今度はあの世でお会いしましょう。

・・僕もこの14年間「文明の崩壊」をどのようにソフトランディングさせるかを考え活動してきました。歯科診療体系の再構築もそうだし、ソーラーハウスの建設運営もそうです。より低資源でどう生き抜くか?というのがそのテーマです。
それが「もったいない」ということですが、
その実現には少ない資源をどうしゃぶり尽くすか?最大限に利用するか?という多様な方面にまたがる「使える科学技術」の習得が欠かせません。
口で言うだけでは文明崩壊の危機には対応できないでしょう。実践力を養うことが重要です。
僕はそれを目指して活動してきました。

以下過去記事の再掲です。

表題画像は「もったいない学会」提供の中長期的予測図です。
70年代にも同じような予測図が「ローマクラブ」とやらから発表されていましたね、
あれは概ね当たるということです。
こんな図なんか見たくもないとお思いになるでしょうが、
もうすでに経済の縮小は始まっており、
このまま対策を講じないと2050年までには「文明の崩壊」、
特に「人口崩壊」は想像を絶するものが予想され、
200年に及ぶ長く苦しい時代を経て、人口は1/10まで減ります。

今までは石油という途方も無く有用なエネルギー資源を湯水のように使って経済発展をしてきましたが、
その損耗にしたがい、以下の項目がどのような変化をするかということです。
資源(青)、
1人当たりの工業生産(灰色)、食料(紫)、
各種サービス(例えば医療:オレンジ)、
死亡数(黒)、出生数(茶)、
人口(薄茶)、
環境汚染(パステルグリーン)

画像がはっきり見えない携帯の方向けに簡単に解説いたします。

2010年現在、利用できる資源(青)はすでに半減しています。2030年にはほぼ底をつきます。

1人当たりの工業生産(灰色)と食料(紫)は資源の損耗にしたがい、急減します。
2010年はジェットコースターに例えれば頂上に上り詰めた後、急角度で降下し始めました。

各種サービス(例えば医療:オレンジ)は2010年現在頂上に上りつめたその瞬間です。
経済縮小に伴い新規の設備投資が困難になり、設備の損耗と共にサービスの提供はできなくなります。

医療サービス(オレンジ)の急激な崩壊と共に死亡数(黒)は急増します。

死亡数を補う形で出生数(茶)は増えますが、若年者の死亡率が上昇するため、
人口(薄茶)の減少を補うことはできません。
2050年にはピークに達しますが、後は漸減します。

地球が許容する最大人口は10億人、最終的にはそれ以下まで減ります。

環境汚染(パステルグリーン)は、資源(青)の枯渇と共に激減します。

ハードランディングを避けるには方法は1つしかありません。

「もったいない精神」で無駄を省き、省資源をはかることです。

入会希望はこちら。

もったいない学会

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. けみー より:

    あと10年と少し・・・で支配体制は完全に終わりをむかえ
    エネルギー問題も環境問題も解決できる今までにない画期的な発明が次々生み出されるそうな
    もうとっくにつくることはできるけれど利権や法やらで邪魔されているとか
    それらは徐々に無くなるそうです

    とまあそのような未来を夢見る傍らお金を必要としない生活をする人たちやら
    今後の環境変化に順応できるように真冬でも水風呂生活し続けるような人たちの意志を見習いながら生きるため色々と準備しておくに越したことはないです
    こればかりは個々の意識が試されますね

  2. けみー より:

    いろいろ見てまわっている発展途上人です!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2020 All Rights Reserved.