歯科医院長mabo400のブログ

次世代技術「核融合」

 
この記事を書いている人 - WRITER -

この核融合というのも、詐欺的技術で、実現性のないものだ。
今、巷で話題になっている某大企業(だった?)の技術者からのまた聞きなんだが、
得られるエネルギーよりも投入エネルギーの方が大きい、要するにEPRが1以下、
やればやるほど損をするというものだ。

また核融合燃料のトリチウムという人体に取り込まれやすい超危険な核廃棄物を海にタレ流そうとしている某政府があるが、これは重いだけで普通の水素と化学的な性質が全く同じで、これを選択的に取り出すことが困難だからだ。超遠心分離機を福島第一の敷地にずらりと並べるのか?という話だ。

この話を聞くだけで、膨大な電力を消費することは猿にでも分かる。

核融合は絵に描いた餅、それに群がる利権、科学者や技術者、そして一部の投資家の喰いものだ。

石油が使えなくなったら終わり。こんなマガイモノ技術が溢れている。

以下の記事にも図らずも書いてあるではないか、

外部からの『電力供給が止まれば反応が止まる」。

これって使えないってことじゃないの?www

核融合は太陽の様な超巨大な重力というそもそも備わったポテンシャルがないと成り立たないのだ。

ーーーー以下引用ーーーー

次世代技術「核融合」、欧米と日本でこんなに違う扱い
4/19(月) 11:00配信
202
この記事についてツイート
この記事についてシェア
日経ビジネス

核融合炉の模型

 米グーグルのほか、アマゾン・ドット・コム創業者のジェフ・ベゾス、マイクロソフト創業者のビル・ゲイツが出資するのが、次世代原発の1つの形態である核融合炉開発だ。従来型の原発に比べて安全性は非常に高く、廃棄物も出ないが、日本ではこの技術を手掛けるベンチャー企業の境遇は厳しい。欧米と違って投資家の動きが鈍いからだ。

【図解】核融合炉は日本では「次世代原発」として語られることが多いが、電力供給が止まれば反応が止まるため、従来の原子力発電に比べれば安全性は非常に高く、廃棄物も出ない

 ドーナツ形の真空容器の中に、セ氏1億度を超える超高温の重水素と放射性物質であるトリチウム(三重水素)を閉じ込め、原子をくっつけることでエネルギーを生み出す――。ここで起きているのは地球と1.5億kmも離れた太陽の内部で起こっているのと同じ反応だ。酸素がない宇宙空間で生じている反応であり、もちろん二酸化炭素(CO2)を排出しない。そんな太陽と同じ反応を地上で再現するのが核融合炉だ。

つづきはこちら

https://news.yahoo.co.jp/articles/ce2a03f06d8f21c6f250f46dbf4196a503353fb7

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. クロメルアルメル より:

    頭の良い人、つまり自分の頭で考えられる人は、こういう似非未来技術について「本当~?」と思って自分で考えるんですが、マスゴミが言う話を丸呑みする人が日本人の8割だとしたら、インチキだろって言う人が迫害される世の中です。

    電気自動車の充電だって投入電力の100%がチャージされるワケじゃなくて半分以上がロスるわけで所詮理論値は理論値なんですナ。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2021 All Rights Reserved.