歯科医院長mabo400のブログ

火力発電所解体工事2

 
この記事を書いている人 - WRITER -

1本目の煙突の解体は終わって2本目に入っています。
上の方から輪切りにしてクレーンで降ろす作業のようです。
水平埋伏智歯の抜歯を基本同じ考えでしょう。

子供の頃最初にできた煙突はコンクリート製でしたが、この発電所は解体撤去されたようです。煙突が低く環境問題をクリアできなかったのかもしれません。
臭い、、!とクレームが殺到したのでしょう。

日本の経済発展の象徴みたいな施設が不要になる。時代は変わりましたね。
今や日本は衰退途上国です。G7からはとっくに脱落してGDP23位だそうです。
ま、それも仕方がない。人類がこの地球上で安定的に持続可能なエネルギー消費量は今の1/10です。日本では1950年代ですが、確かに貧乏でしたが、特に問題はないと思います。エネルギー効率を高めれば今の生活水準はなんとか維持できると思います。ネットもスマホもありますよ。旅行はなかなか難しく、VRが発達するでしょうが。

有限の地球では資源エネルギーが無限大でもこのままでは破綻すると1970年頃にはシミュレーションが公開されていました。ローマクラブで検索してみてください。
様々な変数を入力するとどうなるか?という日本語のサイトもあると思います。
このブログ内にリンクを張っているような気がしますが、記事が多すぎて探せません。

エネルギーは最終的には熱になるが、これを水蒸気〜降雨循環システムで地球外に捨てる仕組みには通常の気象条件を維持するのを前提とするなら限界があるというのは解ると思う。洪水頻発ということになるということだ。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2020 All Rights Reserved.