歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

逃れられない日本の財政破綻、私たちの資産が政府に吸い上げられる日は近い

2019/02/18
 
この記事を書いている人 - WRITER -

日本だけではなく、世界的な金融崩壊、財政破綻は近いとの見方は根強く、過去の1929年のウォール街大暴落などは金融資本家によってトリガーを引かれた、要するに仕組まれた、ということらしい。
その後は第2次世界大戦へとつながり、世界秩序はシャッフルされ、復興する過程で金融資本家は焼け太ったということらしい。意図的にそうしたのか、そうではなかったのかは判らない。結果論だからだ。しかしそういう歴史は意図的に隠されていることは明らかで、歴史教科書をいくら読んでも判らない。
今回起こされようとしている金融崩壊は意図的なものなのか、そうではないのかは判らないが、まあ、前者だろう。
しかし、第3次世界大戦のその後は誰も焼け太ることはできない。なぜなら、石油資源を始めとする資源エネルギーはその事実上の枯渇が目に見えているからだ。もう一度文明を復興させるだけの資源エネルギーはもうない。楽観的な話はない。
ではどういうシナリオなのだろうか?
現在の世界人口は2015年73億人といわれているが、その第2次世界大戦後急速に増えている。1800年10億人、1900年16億人だった頃からすると、60億人ほど増えている。
この60億人は何を食べて生きているのか?これは明らかで間接的に石油を食べているのだ。その石油が事実上の枯渇を迎えるのが2030年と言われており(シェールオイルというEPRが低い石油に手を出さざるを得ないのは終わりの始まりを表している)、もう時間がない。後10年ではハードランディングするしかない。多分人口崩壊は免れえない。多分半減だろう。半減どころか、よく言われているように10億人かもしれない。その人口なら石油無しでも存続可能だからだ。
一握りの金融資本家は貴族支配層として10億人の上に君臨しようということだろう。それが今現在の世界で起こっている現象の流れから読み取れる未来だが、いくらテクノロジーを駆使しようが、そう簡単にはいかない。1万人程しかいない絶対的な少数派だからだ。簡単にもみ消されてしまう。彼らはそれが怖いのだ。いくら情報統制、情報撹乱しても無駄だ。
ま、生き残りたければ、備えることだ。そんなことが英語会話のテキストにも出てきた。ちょっと忘れたが、それが世界的なトレンドなのだろう。このブログはこれを追求しているw

ーーMONEY VOICE 2018/01/29より一部引用ーー

日本の株式市場の10%を公的資金で支え、日銀の量的金融緩和によって国と地方の借
金は膨らむばかりで、両者を併せた負債額1,107兆円は、今年の国債の利払い分だけで政府税収の43%を占めるに至っています。

日銀は量的金融緩和を続行すると宣言しているので、現在の日本の財政における国債依存度30%はさらに増え続け、債務返済のための税収に対する割合は高くなっていくでしょう。

とうとう、これ以上は持続不可能なレベルまで来てしまったのです。それは、国家予算が組めないレベルです。(『カレイドスコープのメルマガ』)

※本記事は、『カレイドスコープのメルマガ』 2019年1月20日号の一部抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会に今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

※不許複製・禁無断転載(本記事の著作権はメルマガ著者および当サイトに帰属します。第三者サイト等への違法な転載は固くお断り致します)

好んでハイパーインフレに突き進む日銀と政府。ついに禁じ手へ…

年金原資が失われるまで秒読み段階に入った。

今日の世界金融の状況は、1929年のウォール街大暴落や、1987年のブラックマンデー前夜に酷似している、と多くの経済学者やアナリストが指摘しています。

・・ということで、続きを読みたい方はこちらです。

https://www.mag2.com/p/money/628701

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. より:

    国債は、日銀(政府の子会社)や国民が円建てで買い支えているから、チャラなので、財政破綻はないと思う。借金なんて、インフレにならない限りはしていい。通貨発行権があるので、刷って返せばいいだけだから。日銀の量的緩和(銀行の銀行口座である、日銀当座預金を増やすこと)だけだと、借り手がいないので、市中にお金が回らず、日銀当座預金にお金が溜まっているだけなので、無意味。デフレすら脱却できないのにハイパーインフレなんて起こりませんよ。

    今まで、石油の利権によって、石油に代わる代替エネルギーを散々潰してきたはず。
    ホントに石油がダメになったら、化石燃料ではなく、フリーエネルギー的なものが出てくるはずなので、その辺は、割と楽観的に考えてるのですが、どうしたものか、、、。

    とはいえ、日本は、政府よりも、資本家やら米国やらの力が強く、自浄能力もないし、運営能力もないと感じ,普通の庶民にとっては、全然いい方向には向かってないと感じる。

    余計な話でしたw

    • mabo400 より:

      先の戦争の時も、国家予算の数十倍でしたか、戦時国債を踏み倒すために、預金封鎖、ハイパーインフレの前科があります。日本はそういう国です。今回の安倍騒動でよく理解できました。またやりますよ。
      フリーエネとかの楽観論は情報撹乱に過ぎないと思いますよ。ま、自己責任かもしれませんが。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2019 All Rights Reserved.