歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

石井吉徳先生の講義録から、マネーとエネルギー

 
この記事を書いている人 - WRITER -

今回も前回のつづきというか、
過去記事の再掲です。

一般の人は知らないようなので、7年ぶりに注意喚起というか、再掲しておきたいのです。
このまま世界の経済発展が進めば、最悪2030年に人類のリセット(人口崩壊:人口の90%が死滅するというようなこと)が始まるというシミュレーションがあるのですが、誰も言い出しません。

ま、そんなことを言い出したら、キチガイ扱いされるだけというか、
あまりにも深刻すぎて、誰も言い出せないというか、考えたくもないというか、そんなところでしょう。

今現在、日産・三菱自動車のクーデターというか、マネーに関わる犯罪というか、トップの醜聞が話題になっています。
この2社は実用的なEV(電気自動車)を発売していますが、
EVは次世代の自動車として、ガソリン車やディーゼル車に代わるものとして捉えられています。
しかし、現実には完全に代替することはできません。
物理的に不可能なのです。
取って代われるとしても、せいぜい全体の10%程度でしょう。
化石燃料の大きなエネルギー密度を電気で代替することはできないのです。

要するに、今回の騒動は、どうせ潰れるのは分かっているのだから、今のうちに美味しいところとかっさらって逃げようと、トップが考えた。
そんなところです。

自動車産業は石油資源の枯渇と共に消える運命にありますが、
自動車業界のトップはそれに気が付いているはずです。
トヨタやホンダはロボットとか別の分野に業態を移し始めています。

もう1つ気が付いたのですが、自動車税を排気量でランク付けして、購入時に税を課すというのをやめて、
走行距離に応じて税を課すと日本政府は言い始めました。
これはカーシェアリングやEVの普及に対応すると言っていますが、確かにEVは電気で走り揮発油税がかかりませんので、
燃料費が税金分の半分程安くなります。その分、税を取りたいと思うのは当然でしょう。

しかし、この法案を施行すると、誰もが自動車を運転するのを自粛するはずですから、税収はかえって減るはずです。
消費税もそうですが、日本の経済発展には水を差すことになるはずです。

もしかしたらですが、日本の官僚トップは気が付いているのかもしれません。
カタストロフィーを避けるには経済発展の逆をするしかないのだと。

ま、その可能性は低いですがw

http://mabo400dc.com/tsuredure/post-1530/

ーーーーーーー再掲開始ーーーーーーーー

d4cd5e02416b22e8f0fbb608a5083f9c.jpg
この度の東北の大震災の瓦礫の山を見ると、
この時の事を思い出す。。
というのが、石井先生の講義の出だしでした。

1945年3月10日夜、当時開成中学1年生。
浦和に住んでいたので、東京の空が真っ赤になったのを憶えている。
翌日以降瓦礫の片付けに動員された。
灰燼に帰した町のそこら中に焼けた骸骨がころがっていた。

東京大空襲の時の話だが、この時の死者は10万人。
これに比べると、この度の大震災はまだましで、
かならず(原発以外は)復興するだろうし、
瓦礫はまだ燃えていないので、発電等の燃料に使えるだろう。。

CCamp 036-13.jpg
これは石井先生が講義中に示された図なのですが、
先生と同じ地球物理学の天才科学者M.King.Hubbert
の論文中にあるそうです。

昨夜からネット上で探していたのですが、
見つからなかったので手書きです^^;

確率の正規分布に似たベル型の曲線が有名なハバート曲線。
石油もウランも石炭も天然ガスも枯渇性資源はみんなこんな感じです。
ピークを過ぎれば、どんどん質が悪くなり、
必ず枯渇する。
というか、あっても使えなくなる。

どちらかというと石油については楽観主義のIEAが
ピークオイル(石油ピーク)は2006年だったと認めています。
これからは石油価格は基調として上がることはあっても下がる事はありません。
いままでのように広く流通するのは後10年くらいかもしれません。

今までのエネルギー消費を続ければ、
全ての枯渇性エネルギーのピークは2030年頃に来ると見積もられていますが、
省エネをすれば、先送りできます。
どうでしょうか?
人類は子孫のために資源を残してあげることができるでしょうか?

伸びた後、一定の直線になるのが再生可能性エネルギーいわゆる自然エネルギーです。
開発が進めば増えますが、元が太陽エネルギーだし、限界があります。
ただし、太陽が存在する限り使えるエネルギーです。

一方、「マネー(通貨)」は指数関数的にどこまでも増殖する。
そうでないと、破綻する仕組みなのです。
なぜかというと、「利子」が「利子」を生むシステムなので、
無限の経済成長が前提となりますが、
そんなことが有限の地球上で成り立つでしょうか?

この仕組みは18世紀の半ば頃○○ヤ人が
働かずに儲ける仕組みとして作ったとされていますが、
もういい加減に終わりにしないと、人類が滅亡します。

この指数関数的に無限に伸びる性質を持つ「マネー」と
有限な「枯渇性エネルギー」ないし「自然エネルギー」とのギャップはすでに
地球が何個も買えるほどになっているようです。

このギャップが大きくなりすぎると、ときどき調整が必要になります。
それが経済恐慌であり、世界大戦なのですが、
これからはどうでしょうか?
これらは半ば人為的に起こされていましたが、
これからこんなことを起こせるでしょうか?

これだけネットが普及し、
本当の事が一瞬で世界中に知られてしまう現状で、
人為的に世界恐慌や世界大戦を起こせるでしょうか?

僕は無理だと思いますね。
以前のように情報を握っているのは一部の人間だけではないのですから、
大衆を情報統制して操ることはできなくなっています。
大衆を騙すことは困難になってきていますので、
必然的にブレーキが掛かります。

第一、第3次世界大戦を起こした後、
灰燼に帰した焼け跡から今までと同じように復興して
再度マネーゲームを始めるエネルギーも資源もないのです。

最初の調整局面は1929年の世界大恐慌でした。
しかし、これは需要(消費)を喚起すれば持ち直す事ができました。
「枯渇性エネルギー」は「マネー」の要求に応じて十分に伸びる余地があったからです。
これがケインズ政策です。

しかし、現在はどうでしょうか?
もう、「マネー」にエネルギー増産が追従できないのです。
もう、そろそろ調整局面が来ますが、
「マネー」は実態エネルギーに合わせる形で数分の1になるでしょう。
これは避けられません。
しかもその後は利子を前提とするシステムは採る事が出来なくなります。
「ゼロ金利システム」が一般化するでしょう。
日本では20年もやっていますね。「マネー」に関しては先進国です。^^;

その調整局面として眼に見える形が各国の財政破綻です。
欧州もアメリカも今やっていますね。もちろん日本もです。
中国やインドはこれからです。
TPPは財政破綻しそうなアメリカが
日本から「マネー」を搾り取ろうとする最期の悪あがきです。

日本はケインズ政策を20年もやって莫大な借金(国債)を積み上げましたが、
いくら増税しようが、返す事はできません。

国債はデフォルトして消滅せざるを得ません。
預金や金融商品をお持ちの方は数分の1になることを覚悟しておいてくださいね。^^;

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. ロミエル より:

    maboさんはタイムスリップしてきたのですか…。

    映画、旅ねこを見てきました。
    今を映しているのは、10年20年経つとまたおもしろいです。
    東京ラブストーリーが今見るといろいろおもしろいです。

    スマホでスリスリも将来は「あんなの使っていたんだ!」
    になるのでしょう。

    映画って良いですね。

    • mabo400 より:

      東京ラブストーリーってDVDボックスで21500円とありました。
      連続ドラマ?

      スマホスリスリの次は脳内埋め込みチップで完全奴隷化完了!では?w

  2. あむ より:

    maboさんはどれくらいの熱意で環境とか経済とかに関心がありますか?
    実は抜本的解決ができる経済理論を構築しました。
    困っていること。抜本的すぎて、基本的すぎて、見てみぬふりをされます。
    超簡単な理論なので否定しようがないのですが。

    • mabo400 より:

      それはそれは、、「虫歯の電気化学説」と同じですねw
      それを認めると、おまんまの食い上げ、不都合な真実ってやつ?
      是非教えてください。
      ここにアップします。

      • あむ より:

        そうです「虫歯の電気化学説」と同じです。ちなみにいつも重曹で歯磨きしてます。
        判例裁判を勝ち取った時も、法律家から罵倒されました。まあ、いつものことです。
        アップしてもいいか迷っていますが、それは保留して、始めます。

        ①なぜ不況が起きるのでしょうか?
        ②なぜ失業が発生するのでしょうか?
        ③なぜ貧困が発生するのでしょうか?
        ④なぜ環境にいいものがあるのに使わないのでしょうか?

        ①は会社が利益を生み出せず、生産をしても赤字になるからです。
        ②は会社が利益を生み出せず、生産をしても赤字になるから 人を雇わないからです。
        ③は働けないければ貧困に陥るからです。
        ④は環境に良くともコストが高く利益が出せないからです。

  3. mabo400 より:

    そんなのですか、もう少し詳しく解説をお願いいたします。

    • あむ より:

      種明かしをする前に根本的な環境悪化の構造を説明したいのです

      ①会社が利益を生み出せず、生産をしても赤字になり
      ②失業者の増加
      ③貧困 不況
      ④それに伴う紛争 戦争 を防ぐ為に

      コストを下げることが 利益を増やす と 信じていて
      利益を確保し 好況や繁栄を維持するために
      有害と分かっていても 環境に悪い手段 を選択しているのです。

      さて ここが問題です(常識に挑戦です)
      コストを下げると 利益は増えるのでしょうか?

      • mabo400 より:

        前提がはっきりしないので、答えるとなると、ミクロなのかマクロなのか、マネー供給が無限大なのかそうではないのか、金利がどうなのか、資源エネルギー供給量が限りがあるのかそうでないのか、為替相場の違いを考慮するのかそうではないのか、場合分けをするとかなりの文書量にになりますね。

        マクロで、マネーの供給量は十分、為替の影響は考慮しないとすると、
        コストを下げると市場のマネー供給量が減るので、利益は減っていくという悪循環に陥ると思います。

        ただ、うちの様な零細事業所ではそうではありません。コストダウンは他のものの投資につながりますので、せざるを得ません。そのコストダウン分を有効利用できれば、ということです。

  4. あむ より:

    ミクロでみると(個別の企業でみると)、コストを下げることで利益を増やすことは可能です。
    マクロの視点で(社会全体で)コストを下げることで利益を増やすことは可能でしょうか? 外部不経済は考慮にいれません。

    不況を克服するにはどうしたらいいか、経済学者は皆考えています。
    すると すぐグルグルまわりに気づきます。
    何かを増やす為に何かを下げるとまわり回って増やしたいはずの何かが下がってしまうのです。
    何かを減らす為に何かを上げるとまわり回って減らしたいはずの何かが上がってしまうのです。
    ある企業がコストを下げると他者の収益を下げ、まわり回って自分の収益を下げてしまい、結局利益は増えなかったりします。
    それで、あげくのはてにケインズ政策になってしまいます。

    このグルグルまわりを脱する方法に気づいた時は歓喜しました。本当か??と思いましたし、かなり疑いました。
    最初から「灯台もと暗し」と思っていましたが本当に「灯台もと暗し」でした。意外!!。ノーベル経済学賞間違いなし と思いましたが、なかなか理解されません(>泣<)。

    • mabo400 より:

      えっ、この悪循環から逃れる方法がありますか?
      ぜひ教えてください。
      まさかとは思いますが、あえてコストのかかる方法を選択するとかではないですよね?

      • あむ より:

        根本的な環境悪化の構造にもどります。
        ちなみに「不況を脱する方法」の説明であればこの構造の説明は不要です。

        環境よいがコストがかかることは競争での敗北、倒産、失業、不況を引き起こす と経済学的に説明できる→政治的に選択できない

        と信じていることが 根本的な環境悪化の構造 です。

        それに対し 環境保護活動家は 啓蒙による改善をしてきました。
        もちろん これらの活動は貴重です が、失業者や貧者にコストの高い選択をさせるのは 無理でしょう。

        私は 経済学の問題 と とらえています。

        脱線しますが マクロ経済学者はこの100年ことごとく失敗しています。
        ですから 経済学で成果をだすには ミクロ経済学者になるしかありません。
        ノーベル経済学賞 も毎回瑣末な対象で 抜本的なものではありません。
        以前 何人かの経済学者に聞いたことがありますが 瑣末 である という自覚は皆もっています。
        「きっと いつか誰かが問題を解くことを期待している」そうです。
        ミクロ経済学は ある分野の専門家が世界に数人しかいなくて、その数人の間で議論しているそうです。その数人以外その議論の真偽を判断できる人はいない そうです。

        次回は種明かし です。

        • あむ より:

          私が困っていること

          種明かしは簡単なのですが 必ず 否定されます。

          昔の人に「太陽が地球を回ってるんじゃなくて、地球が回ってるんだよ」 とか

          「測ったらフッ素は効果が無く、中和すればいいんだから重曹で歯磨きすればいいんだよ」

          と言っても聞かないのと同じです。

          私も 発見した時 我が目を疑いました。得心するまで1年以上かかったでしょうか。ものすごく簡単ですが、ものすごく納得しません。

          論文を提出しましたが門前払いですね。

          聞きますか?

  5. あむ より:

    種明かしです

    コストを下げると 利益は増えるのでしょうか?

    答えは
    コストを下げても 全体の利益は増えもしないし、減りもしません。

    コストは必ず誰かの収益です、ですから
    コストの総合計=収益の総合計 となります
    利益=収益ーコスト ですので
    利益の総合計=収益の総合計ーコストの総合計=0 です。

    つまり 利益というものは 前述のグルグルまわりの循環の埒外にあるのです。
    (利潤=正の効用ー負の効用 ですので混同しないで下さい)

    通常の生産活動で利益を創造することはできないのです。

    利益を得ようとして営業しているのにもかかわらず、全体の利益を生み出せないのです。

    • mabo400 より:

      どこかで見たような話ですね。
      しかも利益は金利分だけ目減りする。。
      で、どうしますか?
      あえてお金を使わない、物々交換とか?地域通貨とか?

      • あむ より:

        全体の利益は金利分だけ目減りする ことはありません。

        金利を受け取る人は利益が発生するからです。

        利益は通常の生産活動で創造することはできない 0だからです。

        通常の生産活動、グルグルまわりの循環の中に利益は存在しないからです。

        ただし! この利益は(今のところ)重要で
        利益が多ければグルグルまわりは活発になり、好況をもたらし、貧困や紛争や戦争を減らします。

        利益が少なければグルグルまわりは不活発になり、不況をもたらし、貧困や紛争や戦争を増やします。

        環境問題について言えば 「経済学上 環境問題と利益は全く関係がないので 完全雇用の範囲内で環境に良い選択をせよ」になります。
        もし日本で クリーンエネルギーの生産設備を製造しクリーンエネルギーを生産し化石燃料の輸入を全て止めれば(技術的には全く可能です)、化石燃料の輸入分だけの大幅な利益を国内にもたらし、好況になり、失業が激減するのは経済学上明らかです。無理して車を輸出する必要はありません。

        不況や貧困や紛争や戦争を減らし、好況と繁栄と平和を増やしたいのなら2つの選択肢があります。
        持続的に利益を増やす か 利益に依存しないシステムを作る の2つです。

        物々交換は利益に依存しないシステムです。物々交換は利潤を生みますが利益を生みません。なぜなら利益の発生は一般に 貨幣現象だからです。

        • mabo400 より:

          なるほど。。
          今やっているCOP24でクリーンエネルギーに投資しろ、と言っているのはその流れですか?
          資源として一番有用な原油のEPRが2030年には1になり実質的な枯渇を迎えると言われていますが、
          クリーンエネルギー生産設備の構築やFCVだって石油がないと作れませんよね?
          もう少し詳しく解説をお願いします。
          まとまったら、ここにアップさせてください。

    • より:

      簿記でいうと、貸方と借方があって、借り手の反対側には、必ず貸し手がいる。

      一万円札は、日本銀行が、私たちに対して発行する日本銀行券。
      つまり、一万円札は、私たちがもっている、日本銀行に対する債権(貸し、資産)であって、日本銀行からみると、私たちに対する債務(借り、負債、借金)。

      同じように、コストの反対側には誰かがいて、コストを減らした分は、逆に誰かの利益となる。

      つまり、全体では貨幣の量は同じなわけだ。
      右から左にお金が動いただけ。

      要するに、通貨の量が、〇だとすると、その〇の中で、
      右から左にお金が動いているだけで、全体の、経済の大きさ、
      〇の大きさは変わらない。

      ということは、利益を追求しても、貨幣が右から左に動いているだけで、
      経済規模自体は変わらない。

      解決策は、日銀が通貨を発行して、
      貨幣の量を多くすれば、経済規模自体が大きくなるのでは。
      これを、財政出動という。

      国民の生産力(モノやサービスを提供する力)を超えて、通貨を発行しまくれば、
      極度のインフレになる。

      でも、今デフレになっているということは、
      通貨の量が足りない。
      インフレにならない限りは、
      通貨を発行して、
      経済規模自体を大きくすればいい。

      • mabo400 より:

        異次元のなんとか、、とかマイナス金利とか、アクセル全開やってませんでしたっけ?
        でもダメですよね。。
        一方で、増税とか社会保障費値上げとかブレーキ踏んでいますから。

        • より:

          金融緩和をしても、市中にお金が流れません。民間の需要がないので、政府が、日銀を通して紙幣を発行して、そのお金で、直接、世の中に仕事をつくれば、デフレから脱却できるし、経済規模も大きくなり、税収も増えます。でも、政府の負債を増やせ、ということなので、賛同を得られにくいし、グローバリストにとっては得にならないので、興味がない。

          デフレ化の緊縮財政と増税は愚策。やらなきゃいけないのは、積極財政(負債の拡大)と減税。

          このままいくとヤバイ・・・・。

          • mabo400 より:

            政府紙幣を発行しようとしていた時期がありましたね。
            脅されたんでしょうね、沙汰止みになりました。
            実は僕は近未来の資源エネルギー減耗時代には不景気上等と考えているのです。
            まさかとは思うが、このままではそうなりそうです。。

            ソーラーの実験もそういう時代を生き残るための実験ですw

  6. ロミエル より:

    これなんですけどね。打開策は。
    でも、政治と癒着したオイルマネーとかがあるから当分は変わらんでしょうね。

    オイルかなくなったらドロドロV8とかが楽しめなくなるかな。

    ちなみにいまの仕事は石油たくさん使っています。

    • あむ より:

      経済学の問題です。

      これが認められれば 政治もシステムも動き、癒着も解消されます。
      サウジアラビアが水素の大輸出国になってもいいじゃないですか(充分可能です)。
      どのみち現状では解決策がない じゃないですか?

      私が困っていることは なかなか原因の元の元の元の元まで思索してくれないことです。
      経済学者はそんな馬鹿な と言い。
      普通人はそこまで深く考えられない、つきあってくれない のです。

      原因の元の元の元

      利益って何???
      利益を創造するのは誰???
      どうやって創造しているの???

      という思索が必要なのですが……..。

  7. ロミエル より:

    こちらからは出来ましたが、別の記事はアクセスできませんでした。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2018 All Rights Reserved.