歯科医院長mabo400のブログ

窒素ガス雰囲気中加熱重合器故障

 
この記事を書いている人 - WRITER -

愛用のレジン重合器で米国カー社のベルグラス用なんだが、導入して20年とか経つのだろうか? とうとう窒素充填ができなくなってしまった。酸素があると未重合層ができるので、不活性ガスは必須だ。

仕事に差し支えるので、いやいやながら修理してみることにした。
代理店は儲からないのか、機械の取り扱い自体を止めている。
レジン自体は供給している。

開けてみたが、問題のありそうな部品はソレノイドバルブ(電磁弁)だ。

分解掃除を試みたが、これ以上はバラせない。
というか、かなり複雑な構造だ。
バルブ内が錆びているので、無理に分解すると壊しそうだ。

製品番号から検索してみたらSMC社のVZ412-6G-01という型番だということが分かった。

http://www.smcworld.com/catalog/ja/directional/VZ-3P/vz200-web/data/vz200-web.pdf

日本製でよかった。。◯ノタロウで入手可だ。さっそくポチした。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2020 All Rights Reserved.