歯科医院長mabo400のブログ

鋳造器のパーツの作製

 
この記事を書いている人 - WRITER -

このところものすごい勢いで、業界が地盤沈下というか再編や廃業するメーカーや技工所が続出している。
メーカー自体がなくなっているなんていうことは普通で、修理を頼もうにも依頼先がないのだ。
仕方がなく、壊れた部品を自分で新規に作るしかない。

スピーカー試作用のフライス盤があるので、ある程度の金属加工はできる。材料もネット時代では入手しやすい。

ホールソーで穴あけ作業から




外形はエンドミルで整えた。




最後はディスクでカットして終わる。


出来上がったパーツ。表題画像は組み立てたところ。

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. と〇〇 より:

    フライス盤が家で使えるとは、羨ましいです。買いたい気持ちはあるけど、使う回数と、置き場所を考えると、二の足を踏んでしまいます。

    • mabo400 より:

      場所は取るし、一番問題なのは切子と切削油でその辺りが汚れるというか、なんとも汚くなります。
      最近やっと使い方が分かったというか慣れてきたというかです。
      NC機も作りかけのがありますが、いつになるやらです。
      フライスだけではなく旋盤も導入しようかと思ってはいますが、どうなりますか。。
      まぁ、そんなに羨ましがることはないですw

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2020 All Rights Reserved.