歯科医院長mabo400のブログ

福島第一原発1号機原子炉への注水増へ 格納容器内の水位低下続く

 
この記事を書いている人 - WRITER -

原発事故当時予想された通りのことが10年経って早くも現実化している。
メルトダウンで溶け落ちたデブリを水で冷やし浸せなくなったら、再臨界による中性子線で半径250kmが居住不可能になる。
強烈な放射能のため処理の見込みが全く立っていないデブリ。
たかが今回の震度6弱の地震でこんなことになるようでは鎮火するまでの10万年の注水による事故原発管理など不可能。いずれ東日本は居住不可能地域になる。オリンピック開催など片腹痛し。
アンダーコントロールとか言った安倍元首相は腹痛を理由に逃げた。

ーーーーーーーーー引用開始ーーーーーーーーーーーー

https://www.tokyo-np.co.jp/article/87052

2021年3月4日 21時26分
 東京電力は4日、事故収束作業中の福島第一原発(福島県大熊町、双葉町)で、1号機原子炉格納容器内の水位が低下しているため、早ければ5日にも炉内への注水量を増やす方針を示した。一時間当たり3トンの注水量を4トンにする。
 東電によると、2月13日にあった震度6弱の地震以降、1、3号機で格納容器内の水位が60センチ以上低下。10年前の事故で損傷した部分が広がり、原子炉建屋内に漏れ出る量が増えているとみられる。
 1号機は4日時点の水位が約1メートルと推定。注水量は、底部から高さ92センチにある水位計を下回った時点で増やす。水位の監視が難しくなるためという。
 3号機は6.3メートルあった水位が約5.5メートルに下がったものの、それ以降は横ばい。損傷部分が水から露出した可能性が高い。
 メルトダウン(炉心溶融)が起きた1~3号機では炉内に溶け落ちた核燃料(デブリ)を冷やすため、一時間当たり3トンの注水を継続。デブリに触れた水は高濃度汚染水となっている。(福岡範行)

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. ロミエル より:

    原発はやめるべきです。
    事故処理炉でこれだけ往生しているのに
    まだ安全だの安定的で安価だの言ってる人がいます。
    制御できるうちに廃炉すべきです。
    現在稼働、または停止している炉。
    新設なんてもってのほか。

    • mabo400 より:

      全くその通りで、今まで東電は事故処理に20兆使ったらしいですが、石油が減耗すればそれどころではない、お金を出せばどうにかなるレベルではないでしょう。2030年のグレーリセットまで10年を切りました。悲しいですが、はっきり言ってもう絶望的です。

  2. 楽天ルシファー より:

    原発事故の避難民と称する、原発依存町村と住民による、その危険性から停止中であった原発のごり押し的な再稼働という自業自得の諸行が大きく手伝った、その殆どが自然災害そのものよりも、人的と思える様な誘発事故により、汚染地域の住み家に住めなくなって移転した町村自治体と町民に、天井知らずの様な補償金をジャブジャブ与え、今なお続くそれらへの支払い補償金の総額は10兆円を超えたとの事。それらの多くがいわき市の高級住宅地に豪華で超高額な新居を構え、超高級車を始めとするゴージャスな悠々自適生活に対しても、不透明過ぎる休業補償はまた別としても、精神的慰謝料の支払いは続き、住民票も移さずにいわき市内の別邸として暮らすそれらの町村と住民にコロニー化されてしまった、いわき市民の負担は膨大なものものになっているのです。原発の再稼働を停止させていた元県知事とは異なり、政府官僚からの天下りである現福島県知事は、原発事故被災地?の復興という旗印を高らかに掲げておりますが、・・戦略だの・・イノベーションだの聞きなれない横文字を多用しての掛け声の元、被災地域の復興とされるそれらの膨大な予算の使い道とその行き先や効果は不確実で不透明な膨大な予算が費やされているたけの様に感じられます。

    • mabo400 より:

      大金を配って黙らせるというのは原発地域ではよく聞く話で、1970年当時一人当たり600万配ったとか、毎日のように関係者が料亭でドンチャン騒ぎをして接待攻勢していたとか、なんともおぞましい話です。今もやっているとか、原発は余程儲かるんでしょうね。。おぞましい限りです。

  3. けみー より:

    東京の方がなぜか福島より放射能の濃度が高いところがあるらしいですね
    芸能人の訃報や病気云々コロナのせいとされてますがそれだけではないような
    原発事故から目に見えて急激に増えたガン脳卒中心臓病突然死諸々
    まさに時限爆弾です

    • mabo400 より:

      あの時千葉東京神奈川には死の灰が降り注いた地域があったようです。
      ビルの屋上に降り積もった死の灰?にガイガーカウンターを近づけるとバリバリ鳴り始めるyoutubeの動画とかアップされていました。
      当時心疾患で亡くなる方が急増しましたが、セシウムの所為でしょう。しばらくしてガンや白血病が増えているという話はありましたが、隠蔽されているようです。確たる証拠がないですからね。怖い話です。関東圏の下水処理場の汚泥は放射能汚染されているが5000bq/kg以内は問題なしということでセメントの原料となり全国にばら撒かれています。うちにも来ています。これからじわじわと健康被害は広がっていくでしょう。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2021 All Rights Reserved.