はじまり。

      2017/03/24

初回は院長からとも思いましたが、私儀副院長カズエから。

診療室の内というのは不思議なところで、
受付、アシスタント、歯科衛生士、ドクターが
毎日毎日、約8時間(+たま~に もうちょっと)狭いところで右往左往しているわけですが
これでなかなか意思の疎通が図れない。
極端な話、ほぼ24時間一緒にいるつれ合い(=院長ですね。)が
何を考えているやら見当も付かなかったりするのです。

同じ空間に居るのではありますが、まさに背中合わせで相手が見えない。

つれ合いの考えるところが分からないというのも、これはこれで困りものですが

一歩離れて、では、1週間に1回、月に1回30分~1時間お見えになる
患者様から、私たちドクター以下スタッフ総員はどのように見えているのか?

ひょっとして 宇宙人!??ショック かもしれない、、、。

との危惧から何かできることを探してみようかと思い立ちました。

診療室の内から皆様へ、
何がお伝えできるのか、試行錯誤ですが探してゆきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

、、、初回に早速宣伝で恐縮ですが。
皆様、『安心』という健康雑誌をご存知でしょうか?
『安心』8月号別冊付録『重曹スーパー活用術』に当歯科医院が紹介されました。

御来院中の皆様はすでにご存知の筈の『”重曹うがい”で虫歯予防』ですが

昨今の重曹ブームからでしょう、出版社の方から取材を受ける運びとなり
8月号に掲載されました。
待合室に置いておきますので、お手に取る機会があられましたら、
一瞥いただけますと嬉しいです。
ヒゲの院長、顔写真入りです。(笑
現在、書店にて好評発売中!!ウチも1冊買って来ました。

 - ドクターのつれづれ。