歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

栗の渋皮煮。 (6)

2017/02/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -

先週はまだ夏の名残りの桃のお話でしたが
今週はもう秋の味覚です。

院長の実家の栗の木から届いた栗を渋皮煮にしました。
随分と鮮やかな色具合に煮上がってびっくりです。
何かいつもと違うことをしたかしらと考えるのですが
思いあたりません。

この栗の木は院長が中学1年生の頃に引っ越した、
院長の実家の庭にあります。
その家を建てた時に、子供達(院長兄弟)のおやつになるようにと
院長の両親が植えたものです。
樹齢40年、今では毎年うちの子供達のおやつがここから届きます。

ぷっくり丸々とした大きな栗です。
買ってきた栗かと思うほどです。
今年はまた、えらくよく太っていますねぇと
義母に話すと、『そんなこと無い、虫喰いだらけよ~~。』と
笑われてしまいました。
孫のおやつにと良いところを選んで下さっていたのでした。
そうですよね、無農薬の民家の庭の栗の木が
こんなにりっぱな実ばかりでは
丹波篠山の栗農家はあがったりというものです。

私も相当のん気だねと、思わず苦笑い。(^^ゞ

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2010 All Rights Reserved.