歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

「望郷の道」北方謙三

2017/03/24
 
この記事を書いている人 - WRITER -

僕のスピーカーの師匠である河村信一郎先生に
日経新聞に当県出身者の小説が連載されているよ、
と教えていただいたのが去年(?)
粗筋はこのサイトに書いてありますが、
http://harunap.exblog.jp/8045121/
ひょんなことから読むことになりました。

主人公は森平太郎という実在の人物がモデルで、
新高製菓という会社を起こした方です。

この小説は日清戦争が始まった頃から書かれており、
それはちょうど日本の工業化が始まった頃、
日本の最初の経済成長期を時代的な背景に、
度胸と才覚でのし上がった一人の男の立志伝です。

借金をして事業を立ち上げ成功する、その繰り返しで会社が大きくなっていく。

今は逆です。
借金をしても返せるとは思えない時代です。
資源エネルギー減耗時代を迎えてしまったからです。

それでも、未来を見つめて何かを始めないと
消滅を待つばかりとなります。


望郷の道(上)
望郷の道(下)

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2010 All Rights Reserved.