歯科医院長mabo400のブログ

定電流駆動していたHS-400は、

2017/02/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -

チャンネルデバイダーとつないで音出ししてみました。

チャンネルデバイダーは2種類持っています。

昔から使っているのは1995年製のRolandのAP-700 2台で、
出力のI/V変換OPアンプを交換して、LPFの部品点数を減らしました。
これだけでもずいぶん音質は向上しています。
ただ、昔の機械なので16bit48kHzまでしか対応していません。
一番上の黒い箱はデジタル入力セレクターとLR信号2系統をLL、RRに変換する回路が入っています。
IMG_5607-15.JPG

もう1つは現行商品のベーリンガーDCX2496です。

【送料無料】【代引手数料無料】ベリンガー BEHRINGERチャンネルデバイダーDCX2496【送料無料】
よくできたチャンネルデバイダーなのですが(安いし)、
音質が今ひとつ。。何度聴いてもAP-700改に負けているように聴こえます。
下の機械はサンプルレートコンバータのSRC2496です。なくても動作します。

IMG_5610-15.JPG

それではDCX2496に外部DACを付ければ音質が向上するのではないかと思って。
DCX2496にS/PDIF出力を付けたり、
DACを自作しようとしたり、
安いDACを仕入れたりしましたが、
どうでしょうか?
試聴はこれからです。
IMG_5596-15.JPG

HS-400のオリジナルにも付いているのですが、
高域共振や、foをコントロールするためのイコライザーの設定をします。
MH-35用と
IMG_5589-15.JPG
L-205用です。
IMG_5586-15.JPG

試聴結果は後ほど。IMG_5604-15.JPG

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2010 All Rights Reserved.