日本の財政破綻の原因 (2)

      2017/03/20

胡錦濤氏が訪米していますが、
http://www.cnn.co.jp/world/30001550.html

中国はアメリカに元切り上げを迫られても、
絶対に受け入れることはありません。
それは経済成長のストップを意味するからです。

日本は「プラザ合意(強要?)」により円高を受け入れましたので、
経済成長はストップ。
国内の仕事は無くなり、海外に工場も技術も流出。

円高後の不景気に対応する為の低金利政策により土地バブルが起こり、
バブル崩壊後は赤字国債を乱発して景気刺激策を取りましたが、
全く無駄。

本当は為替対策をすべきでした。
財政破綻の責任は国の失政にあります。

今、国民の金融商品を含めた預貯金のほとんどは、
いつの間にか国債に化けていて、
77兆円しか真水は残っていない。

赤字国債を1年半しか受け入れる余地はないので、
財政破綻は避けられないということです。

 - 未分類, ドクターのつれづれ。