歯科医院長mabo400のブログ

家庭の節電促す「電気予報」放送 今夏、経産省が検討

2017/02/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -

ネット上では「計画停電」も「原発推進計画停電?」とか揶揄されているようですが、
気に入らない向きもあるのでしょうね。。

まあ、この記事が間違っているのか、経産省が意図的に?間違えているのか判りませんが、

「電力需要の3割を占める家庭用・・」とありますが、
これは誤りです。

産業用が70%、民生用が30%です。

産業用とは大口需要家の工場です。

民生用の中身はオフィス、病院、コンビニなどの業務用が17%、
真の家庭用は13%しかありません。

この記事はいたずらに危機感を煽っているのではないでしょうか?

http://plaza.rakuten.co.jp/mabo400dc/diary/200703010000/

元データを検索できませんが、
どなたか検索できた方はいらっしゃいませんか?

ーー引用ーー
http://www.asahi.com/business/update/0406/TKY201104060586.html

家庭の節電促す「電気予報」放送 今夏、経産省が検討

2011年4月7日6時59分

東京電力管内で電力不足が予想される今夏、経済産業省が、テレビやラジオで天気予報ならぬ「電気予報」の放送を検討していることが6日、明らかになった。近く放送局と調整に入る。計画停電を避けるため、電力需要の3割を占める家庭の節電意識を徹底するよう促す。

電気予報はニュース番組などで放送される天気予報に続いて、当日や翌日の電力の需要と供給の予測を時間帯別に伝える方法を検討している。猛暑で日中に需要が高まりそうな場合、「冷房の設定温度を上げて」「使わない家電製品の電源を抜いて」といったコメントも添え、視聴者に節電をするよう注意を促す。

需要が急に跳ね上がって供給を上回り、予期せぬ大停電が起こりそうになれば、「ニュース速報」で電力使用をただちに控えるよう求めるテロップを流す案もあがっている。新聞やインターネットでも、電気予報ができないか検討する。

さらに、自治体による啓発活動や学校現場での「節電教育」推進を通じて、市民レベルで節電意識の浸透を図る。経産省はこれらの節電策を、4月末にまとめる総合的な電力需給対策に盛り込む方針だ。

家庭の電力需要は、冷房などの家電製品の普及で年々高まっている。政府は電気事業法に基づく「使用制限令」を大口需要者の工場やオフィスビルなどに発動するとともに、企業に自主的な節電を求める方針。だが、計画停電の回避を確実にするには、家庭への節電対策も不可欠とみている。(小暮哲夫)

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2011 All Rights Reserved.