歯科医院長mabo400のブログ

“発電量上回る”風力発電提案へ (4)

2017/02/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -

環境省が経産省に叛旗を翻し始めましたね。
風力発電の潜在能力は原発を上回ると。

それを知ってか知らずか、
電力会社は風力発電の電力を買い取るときは異常な安値を提示します。
10円/kWhとか。
太陽光発電の買い取り価格を28円/kWhから40円/kWhにしようとか、いう時にですよ。

10円/kWhという値段は風力発電をやっても赤字になる、
壊れてもメンテナンスもできない、
ということです。

要するに電力会社は風力を潰そう、普及を妨げよう、としているのです。
それは原発が脅かされるからです。

ーー引用開始ーー

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110423/t10015502021000.html
“発電量上回る”風力発電提案へ
4月23日 4時53分
東北地方などで風力発電をさらに導入した場合に見込まれる発電量を環境省が試算したところ、最大に見積もって現在の国内での原子力による発電量を上回ることが分かりました。環境省は、東日本大震災からの復興に向けて風力発電をはじめとする自然エネルギーの導入を提案していく方針です。
環境省の試算は、自然エネルギーで発電された電力を電力会社が一定の価格で買い取る制度が導入されることを前提に行われました。その結果、風力発電は、風が吹くときだけ発電するため、稼働率は原子力や火力に比べて低いものの、最大に見積もって1億4000万キロワットの電力を生み出すことが可能で、国内全体の発電量のうち原子力で賄われる量を上回ることが分かりました。ただ、風が強い東北地方や北海道では採算性が高いものの、ほかの地域に送電する能力に限界があり、試算どおりに導入することは短期的には難しいとしています。一方、太陽光や水力、地熱といった自然エネルギーの試算では、コストや技術の面で現段階では風力発電ほどの電力量は見込めませんでした。環境省は、今回の試算を踏まえて技術開発などを推進し、東日本大震災からの復興にあたって風力発電をはじめとする自然エネルギーの導入を提案していく方針です。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2011 All Rights Reserved.