歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

「もんじゅ」もどうにかしてほしい。。 (2)

2017/03/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -

2011年05月06日 (金)

高速増殖炉 今後の見通し立たず

K10057149111_1105060559_1105060603_01.jpg

福井県にある高速増殖炉「もんじゅ」が14年ぶりに運転を再開してから、6日で1年になります。もんじゅは去年夏のトラブルで、計画が半年以上遅れているのに加え、東京電力福島第一原子力発電所の事故の影響で、さらなる厳しい安全確保が求められていて、今後の見通しは全く立たない状態になっています。

福井県敦賀市にある「もんじゅ」は、1年前の去年5月6日、ナトリウム漏れ事故以来およそ14年半ぶりに運転を再開し、国が進める核燃料サイクル政策の柱となる高速増殖炉の研究開発は再び動きだそうとしていました。ところが、点検で運転を止めたあとの去年8月、燃料を交換する重さ3トン余りの装置が原子炉内に落下し、ふたに引っ掛かって抜けなくなり、計画が半年以上遅れています。また、東京電力福島第一原発の事故の影響で、もんじゅではほかの原発と同様に、外部電源喪失に備えた対策や訓練が行われているほか、地元福井県が文部科学省に対し、安全対策の強化や、地震に対する安全性を専門家が検証する組織の立ち上げを要請しました。日本原子力研究開発機構は、来月までに落下した装置の回収を終え、来年3月までの運転再開を目指していますが、もんじゅは、さらなる厳しい安全確保が求められていて、今後の見通しは全く立たない状態になっています。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2011 All Rights Reserved.