浜岡原発停止 9日にも受諾決定へ 代替燃料調達など対策急ぐ

      2017/03/20

九電に原発を止めろ!と電話した人がいるそうですが、
できない理由は代わりに動かす火力発電所の燃料代がないから。。ということだったそうで、
ズッコケました。。

原発を停止するには代替の設備的には十分なのだが、
できないのは急にいわれても燃料用の予算がないからだということなんですね。

中部電力は原発依存度が低いから浜岡原発を停止できるのだ、
という論調にしておきたい向きもあるようですが、
そうではないのです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110508-00000527-san-bus_all

ーー引用開始ーー

産経新聞 5月8日(日)19時47分配信

拡大写真
浜岡原発5号機は海岸に非常に近く、津波の心配が絶えない=7日午後、静岡県御前崎市(鈴木健児撮影)(写真:産経新聞)
中部電力は、政府から要請された浜岡原子力発電所(静岡県御前崎市)の全面停止をめぐり、9日午後にも臨時取締役会を開く。同社首脳は「次で結論を出したい」としており、要請を受諾する見通しだ。8日は実務レベルで、代替の火力発電用の燃料調達など電力の安定供給を確保するための対策を検討。三田敏雄会長は、液化天然ガス(LNG)の調達について協議するため、中東のカタールに向かった。

[フォト]名古屋市東区の中部電力本店

菅直人首相は6日夜に、同原発が東海地震の想定震源域内にあることから全面停止を要請。同社は7日に臨時取締役会を開いたが、「検討内容が極めて多岐にわたり、影響も大きい」として結論を見送った。社内にはなお異論もあるが、「首相の要請は重い」(首脳)としており、受諾する方向だ。

同原発で廃炉が決まっている1、2号機を除く3~5号機の発電力は約360万キロワット。停止した場合の電力供給力は約2600万キロワットで、今夏の最大電力予想(約2560万キロワット)をギリギリ賄えるが、猛暑となった場合に備え、休止中の火力発電所の再稼働や関西電力からの融通など余力を高める対策を詰めている。

【関連記事】

 - ドクターのつれづれ。, 原発