歯科医院長mabo400のブログ

菅首相、原発事故収束まで6月から歳費返上 (2)

2017/03/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -

管首相が矢継ぎ早に手を打ってきますね。

海江田万里経済産業相も閣僚俸給を返上するそうです。
もちろん、国民の受け狙いもあるでしょうが、
本気度を表しています。

特に東電へのプレッシャーは大きいです。

東電の役員の報酬は半額にしたといっても、
年間2000万円だそうで、
今まで、いったいいくらもらっていたの?
という話です。

まあ、地元でも新築一戸建てに住めるのは、
電力会社の社員と公務員だけですw

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110510-00000877-yom-pol

ーー引用開始ーー

菅首相は10日夕、11日に東日本大震災2か月を迎えるのを機に首相官邸で記者会見を行った。

東京電力福島第一原子力発電所の事故に関して「事故を防げなかったことをおわび申し上げたい」とした上で、「事故の収束のめどがつくまでの間、6月から首相としての歳費を返上したい」と述べた。

また、今回の事故を検証するための「原子力事故調査委員会」を発足する準備を進めていることを明らかにした。

さらに、「復興基本法案」(仮称)や内閣法の改正案については「今週中に内閣として方針を決め、国会に提出したい。与野党の意見を聞きながら成立に全力をあげたい」と述べた。

また、2011年度第2次補正予算案の編成については「現在は白紙だ」と述べた。

中部電力が浜岡原子力発電所の停止を決めたことについては、「早い段階で要請を受け入れてくれ大変うれしくありがたく思っている。電力の不足が生じるのではないかという懸念もあるが、他の電力会社にも、国民にもご協力いただきクリアできる」と述べた。

東電が福島第一原発事故の損害賠償策に関して政府に支援要請したことについて、「一義的には東京電力の責任だが、適切に賠償されるよう政府としてしっかりと責任を持って対応したい」と語った。

また、今後のエネルギー政策については、「原子力については、何よりも安全性をしっかりと確保する。原子力、化石燃料に加えて、太陽、風力、バイオマス(発電)というのを基幹エネルギーにする。省エネ社会をつくることも、もう一つのエネルギー政策の柱になる」と述べた。
最終更新:5月10日(火)18時30分

?

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2011 All Rights Reserved.