歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

福島第1原発:処理費最大20兆円 今後10年間試算

2017/03/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -

前回の関連記事を探していたのですが、
これですかね?

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110601k0000m040057000c.html

東京電力福島第1原発事故で、廃炉費用や避難した人の所得補償などの処理費が今後10年間で最大20兆円になるとの試算を、シンクタンク「日本経済研究センター」(東京)の岩田一政理事長が31日、内閣府原子力委員会で提示した。処理費は、東電の剰余金のほか、再処理事業凍結など原子力政策の見直しによる財源で捻出可能とし、「増税や電気料金の引き上げの必要はない」と語った。
廃炉費用は米国のスリーマイル島原発事故と旧ソ連のチェルノブイリ原発事故の実績に基づいて推計。所得補償は、原発から半径20キロ圏内(警戒区域、9市町村)の避難住民の平均所得から割り出している。
それによると、廃炉費用は7400億~15兆円かかるほか、所得補償は6300億円に上った。また、20キロ圏内の住民が最終的に帰宅できなくなったと仮定し、国が土地を買い上げた場合は4兆3000億円で、計5兆6700億~19兆9300億円となった。
試算には農業・漁業被害のほか、放射性物質で汚染された土壌の浄化費などは含まれていない。岩田理事長は「廃炉の方向性も不透明で、試算を超える可能性がある」とも述べた。【中西拓司】
毎日新聞 2011年5月31日 19時35分

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2011 All Rights Reserved.