歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

電力会社の利権を奪えば、原発なしで電気はOK

2017/03/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -

「週刊フライデー」に記事があるそうなのですが、
お金を払わないと読めませんので、
「たんぽぽ舎」さんとこにまとめがあるようなので引用します。

自家発電の設備は原発のそれをかるく上回るのだが、
なぜか一般人は利用できない。
小口の事業所も利用できない。
50kW以上の大口でないとだめ。

送電線は電力会社のものを使わせてもらわないと送電できないのですが、
電力会社は高額な使用料を取ります。

ま、電力会社はいろいろと嫌がらせをして独占利権を守ろうとするわけです。
需要家も言い値で高い電力を買わされる。
だいたい諸外国の2倍は高い。

自家発の電気を買うと3割安いという話も聞きます。

とりあえず、先進国並みに「電力自由化」、「発送分離」をお願いします。

管さん、辞める前にやってください。

http://chibichan931.blog106.fc2.com/blog-entry-854.html

ーー引用開始ーー

◎「ニッポンの自家発電」はすでに原発60基分。電力会社の利権を奪えば脱原発できる」

・「電力会社の利権を奪えば、原発なしで電気はOK」の記事の要旨を紹介する。
データは経産省資源エネルギー庁の資料。全国にある3249個所の自家発電の総出力は、6034万(うちわけは大半を火力が占めていて、5380万、その他は、水力439万、風力239万など)、自家発電の多くは、稼働せず、眠っている可能性が高いから。日本の全原発の出力は、4896万kw。原発全部やめてもなお1138万kwのおつりがくる計算だ。
しかし、この自家発電力を有効に生かすのを阻む壁が存在する。電力会社の利権である。この利権は企業の自家発電がさらに広まるのを阻む壁にもなっている。
「そもそも一つの電力会社が、ある地域の発電も送電も小売も独占するというのは、戦後の復興期だから必要だったシステムです。工業生産が伸び、その電気需要に応えるために必要だったわけです。しかし、今の時代に、地域独占が必要でしょうか?」(自家発電設備を持つある事業者)
PPS(特定規範電気事業者)は、工場や病院など一般家庭以外と50kw以上の契約をして電気を供給する。オリックスや昭和シェルなどが参入している。
「このPPSが電気をどんどん作り、市場が活発になれば電気代も安くなるはずですが、電力会社がそれを阻んでいます。PPSは自前の送電設備を持たないため、電力会社の送電網を利用するのですが、その際に『託送料』がかかり、この負担が大きいのです。電力量によって変わりますが、客が支払う電気代の約2割を、託送料として電力会社に支払わなければなりません」(前出の事業者)
今後の解決のカギは
●送電分離による託送料の廃止
●電気メーター(配電)の自由化
●電気料金の内訳の可視化
これらを実現できれば、電力不足などありえない。脱原発への道も大きく開けることとなる。あるPPS事業者が言う。
「発送電分離と配電の自由化によって、『原発の電気は安くても買わない』という選択が可能になる。発送電を分離して初めて、国民が意思表示をできるのです」

★3.“埋蔵”自家発電が6000万kwもあり⇒原発なしで電気は大丈夫の証拠
電力会社の恒例の「電力が足りない」PRに欺されないためのデータ

・『週刊フライデー』が原発記事で健闘している。
週刊の毎号に数本ずつ掲載されている。最新の6月17日号の記事は次の7本である。
◎「浪江町の耳なしウサギ」は放射能汚染の被害者か(グラビア)
◎菅政権が封殺を企んだ「吉田昌郎所長が語る真実」=注水継続した
◎資産6000億円売却案は大甘だ。血税投入必要なし!東電はパンツ一丁になっても賠償金を支払え
◎原発を豪雨が襲う―東電任せでは、10万トンの汚染水が流出する
◎朝日新聞『声』欄投書。福島の高校生の絶望をあなたはどう聞くか
◎山本太郎「ドラマ降板の真相と反原発への思い―抗議活動にも参加、俳優活動の危機」
◎「ニッポンの自家発電」はすでに原発60基分。電力会社の利権を奪えば脱原発できる」

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2011 All Rights Reserved.