歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

放射能セメントが出回ります、、 (2)

2017/03/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -

放射能レンガ」だけではあきたらず、
やっぱり「放射能セメント」販売ですか、、
まったく国の考えることはめちゃくちゃです。
放射性廃棄物はどんなに低レベルでも、
しっかり抱えて永久に管理するしかないのです。
それができないなら、原子力はさっさと止めるしかない。
これ以上捨てるに捨てられないうんこを増やさないために。。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110610-00000015-jij-pol

ーー引用開始ーー

汚泥の利用、来週にも再開へ=放射性物質、低濃度分から―国交省
時事通信?6月10日(金)2時34分配信
福島県などの下水処理施設の汚泥から放射性物質が検出された問題で、国土交通省は9日、経済産業省、セメント協会と汚泥のリサイクル再開に向けた最終調整に入った。放射能濃度が比較的低い汚泥から、セメントの材料に利用する方針で、早ければ来週にも複数のセメント業者が引き取りを再開する見通し。セメント製品の安全性を確認しながら、段階的に汚泥の利用を拡大する考えだ。
放射性物質を含む汚泥に関しては、政府が5月中旬、一部をセメントに利用できるとする処理基準を示した。しかし、十分な安全確認体制が確立されていないことから、セメント業界が引き取りを停止していた。通常、汚泥の約4割はセメントにリサイクルされていたため、処理や保管場所の確保に悩む自治体が相次いでいた。
セメントに利用する汚泥は、自治体側が定期的に放射能濃度を測定することで、安全性を確保する。また、セメント製品については、原子炉等規制法に基づく基準を満たせるよう業者側が検査を行う。当面は、自治体側で週数回の測定を行い、放射能濃度が1キログラム当たり数百ベクレル程度であれば、業者が引き取ることで合意する見通し。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2011 All Rights Reserved.