橋下知事、関電の節電要請に「協力しない。根拠がない」 (2)

      2017/03/20

まあ、そういうことです。
元々根拠がない、根拠を示せ、といっても出せないのです。
ただ原発を続けたいだけの恫喝です。

なあなあで「(原発の再稼働に)理解をして欲しい、、」と言われても理解できるはずはありません。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110611-00000033-sph-soci

ーー引用開始ーー

スポーツ報知 6月11日(土)8時5分配信
関西電力は10日、管内の企業、家庭などに対し、電力需要が増える7月1日から9月22日まで、昨夏のピーク時に比べて15%程度の自主的な節電を要請すると発表した。停止中の原発の再稼働が遅れ、夏場に電力不足に陥る恐れがあるためとしている。

この日、記者会見した関電の八木誠社長は「停電を回避するための苦渋の決断だ」と説明。関電の節電要請は第1次石油危機の1973~74年以来、38年ぶり。

東京電力管内の電力使用制限令のような法的拘束力や罰則はないが、この15%節電要請に、怒りを隠せなかったのが、脱原発発言を繰り返している大阪府の橋下徹知事(41)だ。この日の会見では「協力しない」と言い切り、「根拠がまったく分からない」と反発。「原発は必要だと言っているようにしか思えない」と猛批判した。

橋下知事は、これまで節電対策作成のため電力需給などのデータ開示を求めたが、関電側が応じなかったと暴露。「電力は国策だから、知事が口を出すなというスタンスだった。態度を改めないなら、関電と国が好きなようにやればいい」と不満をぶちまけた。

 - ドクターのつれづれ。, 原発