九州・玄海原発は爆発する

      2017/03/20

IMG_9774-22-2.JPG
週刊現代7月2日号に出ましたね。

この号には、
九州・唐津市の虹ノ松原の松葉から
福島第一から飛来したと思われるセシウム134、セシウム137が検出された、ともある。

何度も書いていますが、
玄海原発1号機の原子炉圧力容器は長年の中性子照射で脆くなっており、
冷却水をそそいだだけで、
ガラスのコップのように原子炉はあっさり割れるという。

この事態が起これば、事故の進展速度、規模とも福島第一の比ではなく、
チェルノブイリ以上の大爆発となり、
退避が間に合わない恐れもあり、
九州から大阪まで壊滅する

危険性はプルサーマル3号機の比ではない。
早急に廃炉に向け作業を進めるべきだ。

これほどまでに老朽化した原発を稼働させている国は世界にない。

 - ドクターのつれづれ。, 原発