歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

官房長官 地元同意ない再稼働困難 (2)

2017/03/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -

古川君、枝野官房長官も言っていますよ。
再稼働困難、、って。
他の原発立地県の知事も再稼働は認められない、、とか言っていますよ。

こんどの日曜日午前10時から、国の説明会をするそうだね。
ネットやケーブルテレビで中継すれば、みんなに説明したことになると思っているの?

県民の代表は某広告代理店に5人だけ選ばせて、意見を聞くとか。
不安院が大丈夫、、とか言ったら、
原発再稼働にGOサインを出すつもりだったでしょうが、

官房長官は再稼働させる気ないみたいだよ。

原子力(安全)保安院と一国の官房長官と
どちらが上かくらいは判るよね?

さあ、どうするかな?

君の父君が九電幹部社員で、九電丸抱えで知事に当選したからって、
GOサインのシナリオを進めるわけにはいかなくなったね。

さあ、どうする?

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110623/k10013714481000.html

6月23日 14時43分
枝野官房長官は共産党の志位委員長と会談し、地元自治体の同意が得られなければ、定期点検で停止している原発の運転再開は難しいという考えを示しました。
この中で志位委員長は、定期点検で停止している原発を巡り、政府が運転再開を地元自治体に要請していることについて、防波堤の設置など、地震や津波への対策強化はいまだになされていないなどとして、要請を撤回するよう申し入れました。これに対し、枝野官房長官は「一般社会の常識で考えても、地元の知事が『絶対に反対』と言っているものを再稼働させることはできない」と述べ、地元自治体の同意が得られなければ、定期点検で停止している原発の運転再開は難しいという考えを示しました。申し入れのあと志位氏は、記者会見し、「政府が行った安全対策はごく一部で、こそくな取り繕いだけであり、安全性が確認できたとは言えない。枝野長官が『知事が反対したら再稼働はできない』と言ったことは非常に大きい」と述べました。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2011 All Rights Reserved.