松山市岩崎町にある「サイクルショップウメザワ」製自転車 (6)

      2017/02/26

IMG_9803-29-3.JPG

これから、石油減耗時代に入ることは確実でしょうから、、という意味ではなく、
単なる僕のお宝です。
もちろん実用品としても一級品で完成度は非常に高い、

「サイクルショップウメザワ」で作っていただいた自転車です。

僕は昔、松山市に住んでいたことがあり、
毎日、道後温泉に通っていました。
というのも、道後温泉まで歩いて5分?の下宿に暮らしていたからです。

その岩崎町の下宿から歩いて1分のところに、
「サイクルショップウメザワ」というフレームを自作して自転車を作って売っている自転車屋さんがあり、
たまたま立ち寄ると、
これ試作品なんだけど、安くするから買わない?って若主人に話しかけられてしまったのです。

当時4万円でしたか、1ヶ月5万円で十分に暮らせましたので、
けっこう高額な買い物でした。

持ち上げてみると驚く程軽くて剛性があるのです。
これは、、と感じるものがありましたので、即決しました。

いやいや、あれはすばらしい自転車でした。

フレームの剛性が高い(クロモリとかいう合金製)ので、
ペダルをこいだときにフレームがしならないで、
こぐ力がすべて推進力になります。

ほんとうに堪能しました。

でも、そういう自転車がそう簡単には手に入らないことを知ったのは
だいぶ時間が経ってからだったのですが、
引っ越しを機会に手放してしまったのです、後悔しました。

あれから30年経って、どうしても忘れられなかったので、
探しました。
で、あったのです。
その自転車屋さんが。

そして2号機を作ってもらいました。
当時と同じ材料とカラーリングで、

フレームの接合部が一部溶接になったりして、
グレードダウンしていましたが、
フレームの剛性感は当時のままでした。

で、お値段ですが、10万円でした。
たぶん、高くはない。

こういう職人の技の一点物がまた日本にたくさん現れるでしょう。
それが日本と言う国なのです。

 - ドクターのつれづれ。, もったいない学会