関電火発故障はヤラセ? (3)

      2017/03/20

image021.png

火力発電所が故障で供給不足の恐れ、、とか言っていますね。
ダイオードの交換が必要とか、
どでかいダイオードなんでしょうが、

部品交換に一ヶ月かかるとか、技術的な常識から考えてもありえません。
まあ、素人騙しでしょう。

僕の作るアンプのダイオード交換作業は数分で終わりです。
どでかいダイオードでも基本は変わらないので、
ゆっくりやってもせいぜい1日でしょう。

牛歩戦術とか、
そんなに原発って美味しいの?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110703-00000009-jij-bus_all

ーー引用開始ーー

姫路第2火力5号機の運転停止=磁界発生装置に故障、供給綱渡りに―関電
時事通信?7月3日(日)3時0分配信
関西電力は2日、姫路第2火力発電所5号機(兵庫県姫路市、出力60万キロワット)の運転を同日午後9時に停止したと発表した。1日に行った点検で、発電のため磁界を発生させる装置でヒューズの断線が見つかったため。ダイオードの劣化が原因とみられ、同社は取り換え作業を急ぐ方針。運転再開は今月下旬になる見通しという。
関電の7月後半の電力供給力は、停止した姫路第2火力5号機を含め3166万キロワット。これに対し、7月中のピーク需要は3138万キロワットと想定されており、運転再開が遅れれば一時的に供給不足となる恐れもある。
同社は、「他社(中国電力)からの電力融通や自家発電業者からの買い取りがあり、当面の供給力に問題はない」と説明しているが、綱渡りの需給調整を迫られそうだ。

 - ドクターのつれづれ。, 原発