割れる原子炉、、玄海原発1号機 想定以上に劣化進行か (2)

      2017/03/20

岸本玄海町長は点検停止中の玄海原発2、3号機の稼働容認とか言っているが、
町の財政の60%を原発関連の交付金、税金で賄っているだけではない、
町民1人当り1200万もらっているから、今更拒否できないとか、
グズグズな状態になっているのは公然の秘密です。

玄海町民は過酷事故が起こっても、それは仕方がない、天罰かもしれませんが、
近隣市町村の住民にとってはたまったもんじゃない、、

一生故郷には帰れない、へたしたら苦しんで死ぬしかない、かもしれない。

玄海原発1号機はとりわけ危険な原子炉で、
いつバコ、、と割れて、盛大にメルトダウン、大爆発、、になるか分からない原子炉です。

九電はそんなことは想定もしていないようで、
安全、安心、、とか繰り返していますが、

材料工学の専門家も危ない、想定外の劣化が進んでいる可能性がある、と警告しています。

すでに想定外とかではないのです。

電力会社始め、原発推進をしている原子力村は「カルト」だという人もいるが、
やはり、異常な宗教にはまって、正常な判断を失っているとしか思えませんね。。

http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.1968174.article.html

ーー引用開始ーー

2011年07月01日更新
運転開始から36年が過ぎた九州電力玄海原子力発電所(佐賀県東松浦郡玄海町)1号機の原子炉圧力容器の劣化を判断する指標となる「脆性(ぜいせい)遷移温度」が大幅に上昇、大学の研究者らは異常として問題視し、最悪のケースとして容器破損の可能性にも言及している。九電や国は「安全性に問題ない」と反論。研究者は検証のためのデータ開示を求めるが、九電は「業界規程に基づいて適正に検査しており、検証しても結果は同じ。40年目の高経年化評価時にデータを公表する」としている。

鋼鉄製の原子炉圧力容器は中性子を浴びるともろくなる。電力各社は老朽化を把握するため容器内に同じ材質の試験片を置いて取り出し、緊急冷却した場合などに容器が壊れやすくなる温度の境目となる脆性遷移温度を測っている。劣化が進むほど温度は高くなる。

九電によると、運転開始時の1975年の脆性遷移温度は零下16度。これまで4回取り出した試験片の温度は、35度(76年)、37度(80年)、56度(93年)と推移し、2009年は98度に大幅上昇した。

九電は「試験片は圧力容器よりも多く中性子を浴びる場所に置き、数十年後の圧力容器の劣化状況を予測するためのもの。98度は2060年ごろの数値に当たる」と説明。「圧力容器の現在の脆性遷移温度の推定は80度で、60年間運転した場合でも91度」とし、日本電気協会が定める新設原子炉の業界基準93度を下回っていることを強調する。26日の県民説明会でこの問題を質問された経産省原子力安全・保安院も同様の説明をして「容器が壊れるような状況にはない」と答えた。

ただ、こうした見解に研究者は疑問を示す。九州大応用力学研究所の渡邉英雄准教授(照射材料工学)は「上昇値は本来の予測値から大きくずれ、誤差の範囲を超えている。原子レベルで想定外の異常が生じている可能性がある」と指摘。井野博満東大名誉教授(金属材料学)は中性子の影響を受けやすい不純物が含まれるなど材質が均一でない可能性を指摘したうえで、「緊急冷却で急激に温度を下げた場合、圧力容器が壊れる可能性がある」とする。

研究者は試験片や検査データが開示されていないため詳しい検証ができないとし、電力各社に情報開示を求める意見も強いが、九電は「今後も安全な数値で推移すると判断しているので、すぐにデータを提示する必要はない」としている。

【関連記事】

「【解説】玄海1号機の劣化問題 危険性の指標上昇」
http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.1968466.article.html

 - ドクターのつれづれ。, 原発