地元「西日本新聞」が岸本玄海町長や古川佐賀県知事を叩いています。

      2017/03/20

西日本新聞社と九電本社は道を挟んで斜向いだったと思いますが、
電力業界からの広告費も滞ったのでしょうか?

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/252790
玄海町長実弟企業に原発マネー 工事受注計17億円
2011年7月10日 18:35

九州電力玄海原発がある佐賀県玄海町の岸本英雄町長(57)の実弟が経営する建設会社「岸本組」が、町長就任の2006年8月以降の4年8カ月間で、電源立地地域対策交付金などの“原発マネー”を財源に使った町発注工事と、九電発注の玄海原発関連工事を少なくとも総額約17億円分受注し、町長自身も主要株主で株式の売却益や配当金として約1千万円を得ていたことが、西日本新聞の調べで分かった。

とか、

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/252634
九州電力の歴代佐賀支店長らが、九電玄海原発(佐賀県玄海町)が立地する同県の古川康知事に対して個人献金をしていたことが9日、分かった。2006-09年分の政治資金収支報告書によると、佐賀支店長や玄海原発所長など7人から受けた献金は計約40万円。献金額は役職の位に比例して高額で、異動後は後任が同額の献金を引き継いでいた。

とか、叩かれています。

岸本玄海町長の「歩く原発利権」ぶりも普通じゃないが、

古川佐賀県知事のは40万円とかいうみみっちい話ではない。
ネットで回ってきた情報なのでガセかもしれないが、
あり得るね。。と思ったことがある。

彼がプルサーマルを承認したころの話で、
ちょうど、古川佐賀県知事がドバイに佐賀牛を売り込みに行くとかいうニュースがあったので、
なんかヘンだな、、?と違和感を感じたので、憶えているのだが、

プルサーマル承認の件で40億というお金をどこからか得て、
それをドバイに隠しに行った、とか、
いやいや、ドバイの帰りにスイスに立ち寄って隠し口座を作ったとか、なんとか。

そんな話です。

 - ドクターのつれづれ。, 原発