<美浜原発>福井県が2号機の40年超の運転認めない方針

      2017/03/20

福井県の美浜原発1、2号機は玄海原発1、2号機と同じく老朽化が進んでいる原発で、
脆性遷移温度も81℃と高く危険な原発だ。
県が運転を認めない方針というのは至極妥当な判断だと思う。

玄海原発1号機は脆性遷移温度が98℃と美浜原発よりも高く、
危険な数値が出ており、圧力容器の材質に問題のある欠陥原子炉の可能性も危惧されている。

美浜原発1、2号機が停止なら、当然玄海原発1、2号機も運転停止というのが当然の判断となる。
佐賀県古川知事はツイッターのアカウントも停止して引きこもっているようだが、
ひきこもっている場合じゃない、玄海原発1、2号機の停止要請を九電にしたらいかがか?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110722-00000008-mai-soci

ーー引用開始ーー

<美浜原発>福井県が2号機の40年超の運転認めない方針
毎日新聞?7月22日(金)2時31分配信

来年7月に運転開始から40年となる関西電力美浜原発2号機(福井県美浜町、加圧水型、50万キロワット)について福井県は、東京電力福島第1原発事故を踏まえた高経年化(老朽化)対策の審査基準などを国が新たに示さない限り、40年超の運転を認めない方針を固めた。

関電は22日、2号機の40年超運転は技術的に可能とする評価書を国に提出、県や同町にも報告する。しかし県は、評価が原発事故発生前の国基準に沿っている点を問題視。事故の知見を踏まえた新基準を早急に示すよう国へ求める考えで、同日、関電にも伝える。【安藤大介、柳楽未来】

 - ドクターのつれづれ。, 原発