歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

<九電やらせメール>佐賀知事 自民系県議に働きかけ求める

2017/03/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -

まあ、電力会社としては、脱原発は既定路線としても、
原発を止めるにしろ、廃炉にするにしろ、
国(税金)が費用を見てくれるんなら(国策だったのだから当然)、
それもいい。

ただし、自然エネ全量買い取りとか、発送分離とか地域独占が壊れて、
殿様商売ができなくなるのは、ごめんこうむりたい。

既得権益を守るために、必死ですね。。

九電は佐賀県古川知事をトカゲのしっぽにすることにしたようです。
九電にしてにれば古川氏を丸抱えで知事にしたのは、社益のために過ぎず、
あっさり切ってオシマイにするつもりですね。

さあ、古川氏はどう出ますか?
そう簡単に切られるタマではない。

こういうスケープゴートはあちこちの電力会社で出てくるでしょう。
次は誰かな?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110806-00000033-mai-soci

ーー引用開始ーー

<九電やらせメール>佐賀知事 自民系県議に働きかけ求める
毎日新聞?8月6日(土)11時28分配信

拡大写真
古川康・佐賀県知事=佐賀県庁で2011年6月29日、山下恭二撮影
佐賀県の古川康知事が九州電力の「やらせメール」を誘発する発言をした問題で、九電幹部が作成した古川知事の発言メモの概要が九電関係者への取材で分かった。九電玄海原発(同県玄海町)2、3号機の運転再開に向け、九電に対し、支持者などを通じて自民党系県議に働きかけるように求め、国主催の県民向け説明番組には賛成意見の投稿を要請する内容になっている。

【発端はここ】九電:「原発賛成」やらせメール 関連会社に依頼

メモの概要によると、古川知事は「自民党系県議に選挙を通じて不安の声が寄せられていることから、支持者にいろいろなルートで働きかけるようにする」「運転再開容認の立場から番組にネットを通じ意見や質問を出す」の2点を求めた。

また▽運転再開に向けた動きを一つ一つ丁寧にやっていくことが肝要▽番組出演者のうち1人は商工会議所専務理事を予定し、反対派は代表者選抜が難しいので普通の参加者を選ぶことになる▽危惧される国側のリスクは菅総理の言動--など具体的な内容が記されていた。

古川知事と九電の前副社長ら幹部3人は番組放映5日前の6月21日、佐賀市の知事公舎で面談。その際、知事は「経済界からも賛成意見を出してほしい」と伝えた。九電側は前副社長が同席した佐賀支社長にメモ作成を指示。メモは原子力本部に渡り、社員約100人に送ったメールに添付する形で広がった。

古川知事は面談での発言について「やらせメールを要請した事実はない」と否定し、九電の眞部利應(まなべとしお)社長も「やらせは知事の発言が引き金ではなく、不正確な文書の作成が誤解を与えた」と擁護している。ただ、今回判明したメモは県議への働きかけや番組参加者の選定など、具体的で詳細なことから、古川知事の原発再稼働への積極姿勢を浮き彫りにする形となった。【石戸久代、福永方人】

◇古川知事は「根拠は何?」

佐賀県の古川康知事は6日午前、同県唐津市で開かれた講演後、報道陣に対し、発言の事実関係について「何を根拠におっしゃっているのかわからない」とのみ答えて車に乗り込んだ。知事は2日の会見で、九電で作成された発言メモについて「見ていない」と話していた。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2011 All Rights Reserved.