アンテナとソーラー発電のバッテリーからの配線作業 (4)

      2017/03/24

ここを訪問してくださる皆様はコアな方ばかりで、
こんな作業をお見せするのは、
初心者としては、はずかしいですね。。

まだ、局免の申請の書類も来ていないので、
無線機の設置の準備をしていました。
昼間からやっていたのですが、
さっきまで掛かって、すっかり夜になって、月も出ています。

IMG_5946-19.JPG

アンテナはビームサーベルの様な形のGPアンテナです。
3階の窓辺から、壁に穴を開けて2階のコーヒーメーカーの隣まで、配線しました。

昼間は受信状態にしておくのですが、
無線機の消費電力は7VAと少ないので、
診療室の4本の25WのLEDライトと電話機に電力を供給している12V系のソーラー発電システムの負担にはならないだろうと判断。そのバッテリーから直接VVF2×2.0で配線しました。

IMG_5944-19.JPG

ちょっと配線が長くなりました。
送信時の消費電力は53VA程、5A弱流れますので、電圧降下がちょっと心配。

IMG_5942-20.JPG

トランシーバーの待ち受け時の消費電力は7VAなのに、下の電源の方が10AVと大きい。
低消費電力の電源はないでしょうか?

【送料無料】広帯域レシーバーを搭載した、究極のモービルデュオ。ICOM(アイコム) 144/430MHz FMデュオバンドモービルトランシーバー 20WIC-208

 - アマチュア無線, ドクターのつれづれ。