歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

8月の消費電力 (4)

2017/03/21
 
この記事を書いている人 - WRITER -

IMG_5979-24.JPG

http://plaza.rakuten.co.jp/mabo400dc/diary/201106240003/
http://plaza.rakuten.co.jp/mabo400dc/diary/201106260002/
6月には、蛍光灯の全LED化、消費電力の大きいBGM用アンプの交換、エアコンの設定温度27℃、
ソーラー発電の電力の一部導入などの結果、
かなりの節電効果が現れましたので、ご報告。

この夏の節電を始める前、
平成23年6月
自宅90kWh(2232円)、診療室電灯818kWh(19495円)、電力410kWh(13228円)
http://plaza.rakuten.co.jp/mabo400dc/diary/201106260003/

でしたが、

節電対策後は、
平成23年8月
自宅86kWh(2196円)、診療室電灯541kWh(13695円)、電力464kWh(14614円)

診療室電灯と電力の合計、6月1228kWh>8月1005kWhと22%の削減です。
電気代も5000円程安くなりました。

これからさらに省電力をするとすれば、
無影灯のLED化、
6台あるエアコンのうち1~2台をソーラー発電にする、
9台あるデスクトップPCを順次ノートPCに換える、
などでしょうか。。

200kWh~250kWh/月程度の削減が可能となるでしょう。
ユニット6台の歯科診療室で1000kWh/月以下でやっていけるところは世界中探してもなかなかないと思います。

ま、節電とか考えた事もなく、電気をバンバン使っていた頃に比べると、
なんと、61%の削減になっています。
平成16年2月
自宅523kWh(12443円)、診療室電灯1239kWh(29854円)、電力1344kWh(31423円)

2583kWh>1005kWhと61%減です。
当時は電気代も6万円とか掛かっていましたが、今は28000円です。

自宅の電気(買い電)は16%(1/6)に、
診療室は39%に、

自宅はもちろん、
事業所でも機能を落とさずに消費電力を半分以下ににするのはそれほど難しくはありません。

今まで何も考えずに使いすぎていただけです。

少なくとも原発は要らないことははっきりしています。

IMG_5984-24-1.JPG

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2011 All Rights Reserved.