「脱原発依存」を継承=安全確保前提に再稼働-野田首相 (2)

      2017/03/20

20110814k0000m010087000p_size5.jpg

点検停止中の玄海原発プルサーマル3号機には、
すでにMOX燃料が装荷されているとか。
動かす気満々ですね。

あれだけの事故が起こってもなお、
原発稼働させよとか言っているキチガイもいますが、
キチガイがいくらほざこうが、原発などなくても、停電などしませんね。
即刻、廃炉に向け動き出さないと、日本は、否、世界は壊滅します。。
また、どこかで原発は爆発するということです。それは論理的必然なのですから。
原発は人類にとって大きなリスク以外の何者でもない。
人類はそんなに滅亡したいのですかね?

まぁ、滅亡したいのだとしか見えません。

管前首相は原発対応に関してはまともでしたね。
思いつき発言ではなくて、昔から脱原発の叩き上げですから。

野田新首相はこんなこと言っていますが、
さてどうでしょうか?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110902-00000104-jij-pol

時事通信?9月2日(金)20時19分配信
野田佳彦首相は2日夕の記者会見で、今後のエネルギー政策について「脱原発依存という基本的な流れの中で、丁寧にエネルギーの基本計画をつくらないといけない」と述べ、菅直人前首相が掲げた「脱原発依存」を基本的に継承していく考えを示した。
定期点検中の原発に関しては「安全性をしっかり確保し、地元の理解を前提に再稼働する」と指摘。新たな原発建設は「現実的には困難だ」とし、「寿命が来たものを更新することはない。廃炉にしていきたい」と語った。

 - ドクターのつれづれ。, 原発