歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

ルビジウム・リクロック回路(Rubidium Reclock Circuit)の音

2017/02/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -

昨日は基板まで完成したのですが、
なんと3端子レギュレータを誤配線していて(ピン番号123を321に勘違いして入出力を逆接した)、
全ICに10Vが印可されてアセりました。。^^;;
幸い壊れたICはありませんでしたが。。

配線を治して各出力波形をチェックしても、それらしい信号は出ているのに、
DACがロックしない。。
しばらく考え込んで、データシートを読んだりしていました。
「CS8402Aをトランスルーセントモードで使うときはMCKは256fsを使用すること。」
と書いてあったので、CS8412のMCKを計測してみると、11.2896MHzではなくて3.02MHzとかだったので、
これがロックしない原因かな?と思い、CS8402AのMCKをルビジウムの11.2896MHzから直接入力してみると、
音が出ました。^^/

IMG_1310-11.JPG

・・・・・・しばらく聴き込んでしまいました。。
いつまでも聴いていたい音、というのはこういうのをいうんですかね?
ものすごく、実在感のある音です。

これがルビジウムの音?

一聴の価値ありです。

できれば、作ってみてください。
お薦めです。もう少し新しいCS8404A+CS8414などでも同様の考え方で作れると思います。

今度の日曜日、10/16 午後1時30分よりオフ会をしますので、
そこでお聴かせできると思います。
参加費無料、要予約。

手書き回路図はこちら、(どうもCADを使いこなせません^^;)
CCamp 056-11.jpg

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2011 All Rights Reserved.