歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

9月、10月の消費電力

2017/02/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -

IMG_6127-25-9.JPG
IMG_6124-25-10.JPG

今年の夏は家庭も事業所も15%の節電要請とか来ましたので、
蛍光灯のLED化、ソーラー発電の導入、その他消費電力の見直しをしてみました。
その結果がでましたので、ご紹介。

8月の記事はこちら↓
http://plaza.rakuten.co.jp/mabo400dc/diary/201108240000/

以下、30日補正数値です。
8月:自宅78kWh/30day、診療室電力422kWh/30day、診療室電灯492kWh/30day(診療室合計914kWh)
9月:自宅106kWh/30day、診療室電力432kWh/30day、診療室電灯530kWh/30day(診療室合計962kWh)
10月:自宅95kWh/30day、診療室電力331kWh/30day、診療室電灯413kWh/30day(診療室合計744kWh)

去年は、
8月:自宅57kWh/30day、診療室電力405kWh/30day、診療室電灯961kWh/30day(診療室合計1365kWh)
9月:自宅75kWh/30day、診療室電力370kWh/30day、診療室電灯989kWh/30day(診療室合計1359kWh)
10月:自宅98kWh/30day、診療室電力272kWh/30day、診療室電灯849kWh/30day(診療室合計1121kWh)

自宅の消費電力が去年より上がっているのは、夜、お天気が悪い時はバッテリー養生の為にバッテリーに蓄えた電力は使わず、買い電したからです。微々たるものですが。

診療室の消費電力は去年も今年も、9月より10月が下がっているのはエアコンを使わなくなったからです。
エアコンの消費電力は概ね今年218kWh、去年238kWhと言うことです。
今年は去年より20kWh下がっていますが、温度設定を27℃を厳守したからですかね?
スタッフに任せると23℃とか平気で設定しますので。
例年なら、(けち、、)と思われたでしょうが、
今年は全国的だったので、
僕は強気です^^;

ソーラーでのアシストがどの位か見積もってみましたが、
大した事は無いようです。
20WのLED蛍光灯×11本×8時間×22日=39kWh程です。

去年と今年の診療室の節電分は
8月:451kWh(前年度比-33%、ソーラーアシスト無し-30%)、
9月:397kWh(同-29%、同-27%)、
10月:377kWh(同-33.6%、同-30%)

LED蛍光灯化とそれをソーラー駆動することで、最大限184kWh節電ができると見積もっていましたが、
その2倍以上節電できました。
残りは何か?真空管アンプを止めたことで28kWh、玄関灯、トイレの電灯をLEDに換えたことで、数kWhの節電、
後ははっきりしませんが、診療が終わってダラダラと帰り支度をしている間の不要な電力使用を見直したことでしょうか。
片付けが終わったら、即ブレーカを落とす。それだけのことです。。^^

ともあれ、15%どころか30%の節電はその気になれば楽勝でしょう。
この値は節電をしている上でのさらなる節電ですから、
節電していないところでの節電はもっといきます。

ちなみに、節電していなかった平成16年2月は診療室の消費電力は2583kWhでしたので、
エアコンを使っていた今年の8月の962kWhと比べると-63%(ソーラーアシスト無し-61%)の節電です。

まあ、設備はそのままで消費電力を35年前の水準にすることなど簡単でしょう。
当時は今の約半分の消費電力でしたし、原発もほとんど有りませんでした。
そして今とほとんど変わらない文明生活?でした。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2011 All Rights Reserved.