歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

Roland AP-700のメモリーバックアップ電池交換 (1)

2017/02/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -

うちではHS-400を鳴らすのに、定電流アンプを使っているので、
必然的にマルチチャンネルです。
で、チャンネルデバイダーにDCX2496を使っているのですが、
あまり音がよくありません。
デジタル出力を付けて外部DACにしてもだめでした。。

で、16年前の製品Roland AP-700に戻っています。
こちらの方がなぜか音が良いのです。
でも、そろそろバックアップ用の電池を交換しないと不安になってきました。
マニュアルには3年毎の交換を推奨してあります。

http://plaza.rakuten.co.jp/mabo400dc/diary/201012150003/

で、今日は電池の交換をしました。
まず、カバーを外します。
IMG_6151-4.JPG
基板のネジを全部外します。
IMG_6153-4.JPG
端子類のネジも全部外します。
IMG_6154-4.JPG
基板上のケーブルは電源と入力のシールド線だけを外せば作業ができます。
基板を裏返して、
IMG_6155-4.JPG
元々付いていた電池の電圧は3.077V。さすがはリチウム電池です。16年も経過して3V以上あります。
IMG_6157-4.JPG
別途用意した電池をホルダーに入れてリード線を出したものを既存の電池に並列にハンダ付けする。
こうしないと、設定が消えてしまいます。
IMG_6158-4.JPG
基板を表に返して、電池を入れ替える。
IMG_6164-4.JPG
後は並列にした電池を外して、元に戻して、電源を入れて正常に起動するか、チェックして作業終わり。
IMG_6148-4.JPG

実は、使用中のAP-700は出力段を改造してあります。
オリジナルは5532のI/Vコンバータ>同じく5532によるGIC型2次LPF>5532によるバッファ
とOPアンプのてんこもり。
GIC型LPFは結構音が良いのですが、I/Vコンバータの帰還抵抗にCをパラって1次のLPFとして、
バッファと共にパスしました。
それと5532は古くさい分解能の悪い音ですので、OPA2604に交換しました。
これで、すっきりさわやかな音になります。
OPA2604はオフセットが大きめなので、気になる場合はOP627×2個を2個入りOPアンプとピンコンパチにする基板も
ネットで入手可能ですので、オフセット対策をしてください。
オリジナルではパスコンと同じ電解コンデンサーを無極性接続してありますが、
音質的にはどうか?と思います。
裏、
IMG_6138-4.JPG
表、
IMG_6136-4.JPG

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2011 All Rights Reserved.