歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

もったいない学会「3.11とJPIフォーラム」設立のお知らせ (4)

2017/02/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -

IMG_6223-17.JPG

ピークオイルでググってみると最近は結構増えてきましたね。
ちょっと前は「もったいない学会」くらいしかヒットしませんでした。。

だんだん知られてきたようで、結構なことです。
うちではここにまとめてありますので、よかったら読んでみてください。
http://plaza.rakuten.co.jp/mabo400dc/diary/?ctgy=22

ピークオイル(石油ピーク)を迎えるとどういうことになるかというと、
パニックが起こる可能性が大きくなります。
しかも、IEAによるとすでに2006年に突入しています。

そのパニックとはどういうことか?
一言でいうと「石油ピークは食料ピーク、そして文明ピーク」で、
2050年には日本の人口は半減します。
もちろん日本だけではない、世界中です。。

以前アップしましたが「2050年は江戸時代」石川英輔著でシミュレートしてあります。
この本は絶版になっているのですが、晴耕雨読さんのところに分かり易い解説がありましたので、ご紹介。

2050年は江戸時代」でググってみると、中古本もあったり、いろいろと解説されていますので、ご参考まで。

そしてそのパニックを乗り切るとはどういうことをするべきなのか?

もったいな学会」では会員だけではない非会員にも開かれたフォーラムを設立することになったようです。
ご注目ください。

ーーーーー全文引用ーーーーー

もったいない学会「3.11とJPIフォーラム」設立のお知らせ
2011年12月16日 もったいない学会理事会

【趣 旨】
2009年9月30日に石井吉徳会長著「石油ピークで食糧危機が訪れる」の初版第一刷が発行されたが、奇しくも同じ日に「GDH・食料問題研究会」設立が、理事会で承認された。
爾来、2年余りの間、少数の会員で、「日本で食料自給は可能か」「GDP主義に切り込んでGDHを明らかにする」を主たる課題として学習と討論、現場フォーラムを重ねてきた。
食料問題、GDH、自然との共生、低エネルギー社会イメージについて理解が進んだ。

今年になって、世界ではIEAが2006年石油ピーク公認後、「アラブの春」の席巻からOccupy Wall Street運動、さらに財政・金融危機が欧州から世界各国へ波及しており、世界経済の矛盾が噴き出してきている。
そして日本に、3.11大震災・原発事故という未曽有の災害が襲った。何が変わった、何が特異かというと、工業社会の中で醸成されてきた自然観、エネルギー観、生活観、幸福観を根底から覆すような事態に国民と国土が放り出されたことである。この国民的規模での世界観の大変化を科学的に把握し、さらに石油減耗後の質的に豊かな持続可能な日本らしい進歩社会を創っていく展望、その理論と戦略の研究と実践が喫緊に重要だと考える。

このような3.11後の時代要請から、GDH・食料問題研究会を解散し、本日、新たに名称「3.11とJPIフォーラム」を設立する。JPIとはJapan Progress Indicatorの略で、「GDPの欠陥を克服して、3.11後の日本に適合した持続可能な真の進歩指標の創成と実践」を意図する、我々の造語である。

【3.11とJPIフォーラムの要領】
1)フォーラムの開催は、もったいない学会会員および非会員にオープンに行う。
非会員の方は、いずれ会員になっていただく。
2)3.11・GPIフォーラムの主な課題として以下のものが挙げられる。
1, 3.11で何が変わったか、その調査・考察
2, 世界と日本の人口・エネルギー・食料問題の研究
3, 日本における「成長の終焉」に関する研究
4, JPI指標の開発と事例研究
5, 地産地消費型の地域社会に関する研究と実践
3)フォーラムの開催通知は、学会のHP、オール会員メール、およびFacebookで行う。
4)フォーラムの代表は、田村理事とする。
以 上

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2011 All Rights Reserved.