歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

Power SIT の選別

2017/02/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -

今日は上條信一さんのサイトPower SITの選別方法が載っていましたので、
今回入手したSITのVgs-Vds(Id:0.362A一定)特性を実測してみました。
Idが一定なので、3極菅で謂う所のμ(ミュー)を測るということですが、
動作点付近でのVgsがなるべく一致していないと成立しない回路ですので、
選別してペアリングの必要性があります。

TesVdaVgs.gif
IMG_1980-1.JPG

手持ちの部品、器具の都合で同じ条件で測定できませんでしたが、
以下のようになりました。
Id:0.362A 一定です。

2SK182E(Pd:500W) 2個、THF51(Pd:400W) 2個、2SK182VE (Pd:500W?)1個
大きく特性が外れているのが国内で入手した2SK182VEで、8000円もしたのですが、不良品かもしれません。
IMG_0004-3.jpg

これが2SK183VE(Pd:500W) 8個
なんとも悩ましい特性です。
IMG_0005-4.jpg

2SK180 (Pd:300W)16個
Vds:35Vのとき、Vgs:-4.0V~-8.6Vと大きくばらついています。
IMG_0006-6.jpg

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2012 All Rights Reserved.