歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

速報 福島中心にセシウム急増 マスク必要!! (2)

2017/03/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -

[トップページへ戻る]> [■■■■ 速報やお答え]

 

 

緊急速報 セシウム降下と4号機

 

1229日、30日と高かった福島市のセシウム降下量は、いったん1231日、11日と下がったものの、12日には「4月なみ(4月は福島からのデータはないので、茨城県北部のデータを参照した)」セシウムが降っている。

 

この量が続けば3月、4月と同じだから一時避難しなければならない。ただ、今の段階で間違ってはいけないことがある。それは「原因を追及するのではなく、本当に34月なみのセシウムが降っているのか、なぜそれを政府が警告し、マスコミが報道しないのか?である。

 

データは文科省の正式報告であり、値は1日で252メガベクレル(1平方キロメートルあたり)だから、十分に警告を出して良いレベルだ。「2,3日、様子を見る」ということかも知れないが、危険な兆候は知らせてくれないと困る。

 

被曝は足し算だから、直ちに逃げなくても良いが、マスク、外出抑制はまずして、学校の開校は時期をずらした方が良いだろう。また、本当ならまもなく水道も汚れてくるはずであるし、半月後には葉物野菜が汚染されるだろう。

 

第二に重要なのは原因の追及より、セシウム降下の事実を調べることだ。たとえば、このように考えたら良い。火事が起きて家族のいる居間に火が移ろうとしている。その時に逃げる準備や火がどこまで迫っているかは大切だが、火元が台所か風呂場かは当面はあまり深く追究しても意味が無い。だいたいの方向が判れば良い。

 

実は、私も「4号機が危ない」という情報があったので、それを調べていたら、どうも「セシウムが降ったのは4号機ではないか」と類推し、4号機の問題にすり替わったらしい。4号機かどうかなどは2,3日後でも間に合う。

 

セシウムが降っているなら、それだけに注目し、逃げる準備が先である。4号機でも1号機でも、福島周辺からの2次汚染でも、同じことが起こる。でも、原因追及より、事実確認をすることが第二だ。もちろん、事実確認をしている内に被曝してはいけないから、ともかく危険なデータがでたら、即、準備をするべきだ。

 

(平成2416日 午後6時)

 

 

武田邦彦

« 速報 福島中心にセシウム急増 マスク必要!! | | 緊急速報 セシウム降下量のレベル »

 

[トップページへ戻る]> [■■■■ 速報やお答え]

 

(C) 2007 武田邦彦 (中部大学) 引用はご自由にどうぞ

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2012 All Rights Reserved.