無影灯のLED化 (8)

      2017/03/21

診療室の照明の電力をソーラー発電からまかなうつもりで
消費電力の削減に取り組み始めました。
うちの診療室には40Wの蛍光灯が32本ありました、
1240Wです。

他に無影灯(患者さんになるとわかる、まぶしくて熱い、口の中を照らすアレです)
が6燈60W×6=360W

合わせて
1640Wもあります。

ソーラー発電では100W程度に押さえないといけないので、
たいへんです。

1/16、、ほとんど絶望的です。
でもこれくらいに減らさないと、
持続可能・・というのは無理です。
なんとLOHAS”Lifestyles Of Health And Sustainability”
というのは難しいことでしょう。

手始めに蛍光灯を10本減らして22本にしました。
これでも880wもあります。

ちょっと暗めに慣れていただきます(^.^)

最終的には全館LED化(エルイーディー:Light Emitting Diode=発光ダイオード)
を目指しますので、多少暗くても、
あ、また院長がなんかやっているのね・・と軽く受け流してやってください。

最初は無影灯のLED化ですが、
0.5WのLEDを3~6個使うつもり、
LEDは所詮半導体なので、温度が高くなりすぎると壊れます。
放熱器必須です、
放熱器が影になるかも。

手持ちで一番明るいのは5Wの超高輝度LEDです、
まぶしすぎで直視すると網膜が焼けます。
サングラス必須!
LED 5W

消費電力を全部合計して100W!

いけるか、、、!!

 - 太陽, ドクターのつれづれ。