歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

NCフライス2

 
この記事を書いている人 - WRITER -

NCフライス盤は長女が卒論の1つとして組み立てることになったので、
付属しているステッピングモーター制御基板の解析をしています。
こういう事前調査をすることも勉強になるので、余計なお節介ではあるのですが。

実はステッピングモーターは9年も放置していたので、3個の内1個の軸が固着してシリコンオイルを注しても動きが悪い。

サンケン製ステッピングモータードライバー SLA7078MRが基板に3個乗っていますが、
9年以上も前の機種の所為かデータシートがメーカーサイトから削除されていて、
後継機種と思われるSLA7078MSのデータシートを参照しています。
同じ仕様かどうかは判らないのですが、参考まで。

https://www.semicon.sanken-ele.co.jp/ctrl/product/detail/SLA7078MS/

PCに繋ぐD-SUB25Pinのパラレルポートの接続は、
CLK(システムクロック)、CW/CCW(正転/反転)の2端子が3組しかない。

具体的にはD-SUB25pin番号で記録しておきますが、
基盤の裏面のD-SUB25Pinコネクターを上にして左端のドライバーから1、2、3とすると、

Pin番号
2:1,CW/CCW
3:1,CLK

4:2,CW/CCW
5:2,CLK

6:3,CW/CCW
7:3,CLK

19〜25:Ground

となっている。

CLKの立ち上がりに同期して1ステップづつ回転するらしいのだが、まだ確かめていない。

CLKの最大周波数が書いてあり、250kHzとか。でもこれは後継機種の同MSの話だ。

またM1,M2,M3端子のL/Hの組み合わせで回転に関する仕様を変えることができ、
基板を見ると、M1:H、M2:L、M3:Hとなっており、同MSのデータシートでは、
2W1-2相励磁(8分割)となっている。

CLKはファンクションジェネレーターで生成することにして、
設定を済ませたが、モニター画面が破損していて見にくい。
修理見積もりを依頼した

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. kuma より:

    コメント失礼します。
    同じ基盤を偶然もっており、使いたく検索しているとこちらにたどり着いたのですが、D-SUB25pin Pin番号が載っているのですが、2:1,CW/CCW 3:1,CLKとかかれており、2=CW 1=CCW 3、1=CLK ということでしょうか?
    PCとこちらの基盤をつなぎ、Machソフト1/2/3で出力の設定をしたく、試行錯誤しているのですが、
    まったくわからなく、可能であれば教えていただきたいと思っております。

    • mabo400 より:

      あらあら、こんな個人的なメモ記事を参照される方がいらっしゃるとは思いませんでした。
      Pin2,3が左端のドライバーのそれぞれCW/CCW,CLKです。
      Pin4,5、Pin6,7もそれぞれCW/CCW,CLKです。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2017 All Rights Reserved.